演者・白石吉彦先生 参加無料 2019年7月21日(日)
演者・白石吉彦先生 参加無料 2019年7月21日(日)

主催:株式会社マイナビ / 共催:株式会社コニカミノルタジャパン

参加申込人数が定員に達しましたので、
申込み受付を終了とさせていただきます。
※キャンセルが出た場合は、こちらのページにて追加募集をさせていただきます。

白石 吉彦先生からの
メッセージ

すべての外来診察室にエコーがある隠岐島前病院。総合診療医が様々な訴えにプローブを当てます。

胸痛に対して、肋骨骨折、肺エコー、ちょい当て心エコー。腹痛に肝胆膵に加えて腎臓や膀胱、腹部血管、そして消化管。

高脂血症、高血圧患者の動脈硬化評価のための頸動脈エコー。

こういった外来超音波診療の一端をご紹介します。

講演者情報

座長

古屋聡先生の写真

総合診療医/山梨市立牧丘病院

古屋 聡先生

自治医科大学を卒業後、山梨県立中央病院で研修。山梨市立牧丘病院での勤務後、1992年に赴任した塩山市国保直営塩山診療所では、在宅医療に取り組む。2006年に山梨市立牧丘病院に再度赴任し、2008年から同院の院長を務める。東日本大震災や熊本地震において、口腔ケアや食支援をサポートする多職種チームを結成し活動するなど、多職種間・多機関のスタッフの連携による地域医療を推進している。

演者

白石吉彦先生の写真

総合診療医/隠岐広域連合 隠岐島前病院 院長

白石 吉彦先生

自治医科大学を卒業後、徳島大医学部付属病院、国民健康保険日野谷診療所(徳島県)などで勤務。 1998年、島根県の隠岐諸島にある島前診療所(現・隠岐島前病院)に赴任。2001年に院長になり、周囲のサテライトの診療所を含めて総合医の複数体制、本土の医療機関との連携をとりながら、人口6,000人の隠岐島前地区の医療を支えている。第2回「日本医師会赤ひげ大賞」受賞。病院での診療のみならず、書籍などの執筆、講演など、医師の診断と治療技術向上のための活動を精力的に行っている。

デモンストレーター

多田明良先生の写真

小児科医/日本小児科学会専門医/奈良県立医科大学 放射線科 総合画像診断センター/紀美野町立国保国吉・長谷毛原診療所

多田 明良先生

自治医科大学卒業後、長野県立須坂病院、飯田市立病院、同県立木曽病院、国保北山村診療所(和歌山県)で勤務し、2019年より奈良県立医科大学放射線科総合画像診断センター、紀美野町国保国吉・長谷毛原診療所(同)に赴任。年齢を問わず領域横断的な超音波診療を実践している。

セミナー詳細

開催日時 2019年7月21日(日) 10:00~12:00(受付9:30~)
セミナー会場 〒160-0022
東京都新宿区新宿4-1-6 JR新宿ミライナタワー25F
対象 医師の方
参加費用 無料
お申し込み方法 上記の講演内容をご確認いただき、「お申し込みボタン」よりお申し込みください

アジェンダ

オープニング
外来でよくある疾患にエコーを当ててみる
1、腹痛
【実演】胸部食道 、SMA、CA 、腎動脈 、CBD 、膵尾部 、腎盂、尿管、膀胱、前立腺、盲腸、虫垂など
2、胸痛
【実演】肺エコー、肋骨トレース、心臓Focus、大動脈弓 など
3、腰痛
【実演】多裂筋 、最長筋、腸肋筋、腰方形筋 など
4、質疑応答

※内容は変更することがありますのでご了承ください
※本セミナーは医師を対象とした内容になっております
※会場の席数には限りがございますので、満席になり次第、受付を終了させていただきます

アクセス

〒160-0022
東京都新宿区新宿4-1-6 JR新宿ミライナタワー 25F

JR:「新宿駅」ミライナタワー改札より徒歩1分 南口改札より徒歩3分
小田急線、京王線、京王新線・都営新宿線、大江戸線:「新宿駅」徒歩5分
副都心線:「新宿三丁目」徒歩10分  西部新宿線:「新宿駅」徒歩15分

「離島発 とってのエコーで変わる外来診療」

参加申込人数が定員に達しましたので、
申込み受付を終了とさせていただきます。
※キャンセルが出た場合は、こちらのページにて追加募集をさせていただきます。