転職エージェントの活用法|STEP.1

保存した
求人
最近見た
求人
求人検索

STEP.1 転職の準備

医師が転職エージェントを利用するメリットとデメリットを解説

この記事は約 7 分で読むことができます。

「転職エージェント」という単語を耳にしたことがありますか? 医師の転職活動では友人や知人の紹介を介して新しい勤務先を紹介してもらうという方法が一般的ですが、昨今は転職エージェントを利用した転職活動を行う医師も増えています。今回は医師が転職エージェントを利用するメリット・デメリットと、転職活動を成功させるコツについて解説します。

この記事のまとめ

  • ・転職エージェントは、転職希望者と採用したい企業の間を仲介する採用支援サービスを提供する。中には医師専門の転職エージェントもある。
  • ・求人紹介から履歴書添削、面接対策、スケジュール管理、年収交渉までサポートしてもらえるので、はじめて転職をする医師や効率的に転職したい医師にメリットが大きい。
  • ・一般には公開されていない「非公開求人」を紹介してもらえる点も転職エージェントを利用するメリット。

1.転職エージェントとは?

転職エージェントとは、転職希望者と採用を考えている企業の間の仲介をし、双方にとって満足度が高い採用支援サービスを提供する事業体のことです。転職エージェントには、転職市場の動向に精通したキャリアアドバイザーが在籍しており、転職活動・採用活動をサポートしています。転職エージェントには、転職サイトや企業の求人ページでは見つけられないような、非公開求人を有しているという特徴もあります。

そして中には、病院・クリニック等の医療機関と医師のマッチングに特化した医師専門の転職エージェントも存在します。医師専門の転職エージェントを利用すると、医師ならではの転職動向をふまえたアドバイスをより期待できます。

2.医師が転職エージェントを利用するメリット

医師が転職エージェントを利用して転職活動を行うメリットを、具体的に見ていきましょう。

メリット①非公開求人を紹介してもらえる

病院・クリニック等のウェブサイトや転職サイトで公開されている求人情報は、実はほんの一部にすぎません。人気のある求人情報を公開すると応募が殺到する可能性が高いため、医療機関は効率的に選考を進めるために条件に合った応募者のみを紹介してもらえるように転職エージェントに依頼をするケースがあります。

そのため、転職エージェントは一般に公開されていない「非公開求人」の情報を多数保有しています。転職エージェントを利用することで、自分でリサーチするだけでは見つけることができないような求人情報を紹介してもらえるというメリットがあります。

メリット②転職活動のスケジュール管理が楽

現在の医療機関に在籍をしながら転職活動を進める医師の方が大半だと思われます。すると、多忙な業務をこなしながら、情報収集や面接等のスケジュール調整などを行う必要があり、なかなかその余裕はないという方が多いでしょう。

ですが、転職エージェントを利用することで、自身の希望にマッチする求人情報を紹介してもらえるだけでなく、応募書類の添削や希望する医療機関の見学や採用面接の日程調整まで任せることができます。キャリアアドバイザーは、いわば転職活動における秘書のような働きもしているのです。

メリット③外からは見えにくい職場環境を教えてもらえる

転職エージェントでは、様々な医療機関と日常的にやり取りをしています。そのため、求人情報には掲載されていないような、勤務事情について詳細な情報を持っています。例えば、働きやすさに直結するような職場の雰囲気や人間関係、労働時間、日当直やオンコール回数等の情報です。

もちろん、転職前に病院見学を行うことである程度の雰囲気をつかむことができるかもしれません。しかし、病院見学では気が付くことのできないような応募先の勤務事情について詳しく教えてもらうことができるので、「職場の雰囲気をより詳しく知りたい」「職場の勤務事情についてしっかりと把握したうえで転職をしたい」という医師には大きなメリットになるでしょう。

メリット④年収交渉をしてもらえる

年収アップを目的に転職を行う医師の方も多いと思います。年収アップがどうしても譲れない条件であることもあるかと思いますが、採用選考の過程で希望の年収額を伝えるのはなかなか難しいものです。あるいは、内定後に医療機関側から提示された年収額に対して「もっと上げてほしい」と交渉するのは誰にとっても気が重いことではないでしょうか。

このような年収交渉を代わりに行ってもらえることも、転職エージェントを利用する大きなメリットです。医師側と医療機関側の間に立ち、双方の意向をくみ取りつつ、納得できる条件で転職ができるように働きかけてくれます。

メリット⑤履歴書添削や面接対策などのサポ―トを受けられる

全国的に慢性的な医師不足のため、医師の転職は「売り手市場」といわれることが多いです。ですが、競争率が高い人気の医療機関に応募をする場合は積極的なアピールが必要になります。転職エージェントでは、医療機関によってどのような人物を必要としているのか助言をもらえるため、応募書類作成や採用面接の際に効果的に自己PRをすることができます。

また面接の質問の傾向を教えてもらえたり、応募書類の添削をしてもらえたりするので、はじめて転職活動をする医師や面接に不安を感じている医師でも、安心して選考に進むことができます。

3.医師が転職エージェントを利用するデメリット

一方、転職エージェントを利用する前に知っておきたい、デメリットについても解説します。

デメリット①すべての求人を紹介してもらえるわけではない

転職エージェントは膨大な求人情報を抱えていますが、そのすべてを紹介してもらえるわけではありません。キャリアアドバイザーとの面談を経て、希望や条件に合った求人に厳選されたうえで紹介されることになります。そのため、「できるだけ多くの求人情報を見てみたい」「幅広い選択肢の中から検討したい」といった医師にとってはデメリットに感じるかもしれません。

ただ、多忙な医師が効率的に転職活動を行ううえで、膨大な求人情報の中から厳選されたものだけを見て検討できると考えれば、むしろすべてを紹介されないことこそ転職エージェントを利用するメリットといえるかもしれません。

デメリット②担当者との頻繁な連絡が必要になる

キャリアアドバイザーは転職希望者の意向を汲んで動こうとするため、どうしても転職希望者へ連絡する機会が多くなります。しかし、各病院の採用担当者と直接やりとりすることを考えれば、連絡先を一本化できることは大きなメリットでもあります。

4.医師に合った転職エージェントの活用法

医師はいわゆる「就職活動」を経験せずに働き始めた方が多いので、独力で転職活動を進めようにも勝手が分からないという声をよく聞きます。転職活動のはじめから終わりまでトータルでサポートしてくれる転職エージェントは、転職活動に不安を感じる医師にとって、とくに利用するメリットが大きいといえます。また効率的に情報収集を進めたい医師や応募先の職場環境を詳しく把握したい医師にもマッチした転職方法でしょう。

転職エージェントは採用側の医療機関から支払われる紹介手数料によって運営されているため、転職希望者は無料で利用できる点もメリットといえます。

転職エージェントの活用法は、あなた次第です。情報収集・マッチングのためのツールと割り切るのもアリでしょう。履歴書作成や面接試験に自信がない方は、キャリアアドバイザーから添削や面接練習のサポートを受けることができます。年収等の条件面などについて応募先と直接話しにくいという方は、キャリアアドバイザーに希望を伝えて代わりに交渉してもらいましょう。すぐに転職をする予定がなくても、登録をしておくことで好条件の求人が出た際に連絡をもらうことができ、応募のチャンスをつかめます。ぜひ自分に合った活用法を見つけてみてください。

なお、転職活動を経て新しい職場で勤務できるようになるまでには意外と時間がかかります。現職の退職交渉や希望通りの求人が見つかるまでの時間を要するためです。そのため、新しい職場で勤務を開始したいタイミングの6~8カ月前くらいまでには登録をしておくことをおすすめします。

条件を選択してください

条件を選択してください

条件を選択してください

条件を選択してください

条件を選択してください

条件を選択してください

条件を選択してください

条件を選択してください

条件を選択してください

条件を選択してください

条件を選択してください

条件を選択してください

条件を選択してください

条件を選択してください

条件を選択してください

条件を選択してください

条件を選択してください

条件を選択してください

条件を選択してください

条件を選択してください

条件を選択してください