50代医師は転職しやすい?代表的なキャリアプランとおすすめの転職先|STEP.1

保存した
求人
0
最近見た
求人
0
求人検索

STEP.1 転職の準備

50代医師は転職しやすい?代表的なキャリアプランとおすすめの転職先

この記事は約 4 分で読むことができます。

医療現場は慢性的な医師不足のため、医師はエリアや診療科を問わず常に必要とされる職業です。そんな医師もライフステージに応じてさまざまなキャリアの選択をします。定年後の過ごし方を考え始める50代医師は、どのようなキャリアプランを立てるのでしょうか。50代医師の代表的なキャリアプランと転職理由、転職先を紹介します。

この記事のまとめ

  • ・50代医師のキャリア選択として、定年まで現在の職場で働くことが挙げられる。転職をするよりも、給与や退職金を高水準で維持できることが多い。
  • ・定年後も医師として活躍することを視野に入れて、体力的に無理のない職場へ転職する医師が多い。介護老人保健施設や特別養護老人ホーム、産業医などがおすすめ。
  • ・自分の体力やプライベートの都合に合わせて調整がしやすいフリーランス医に転向するのも一案。

1.定年まで現在の職場で働く

50代のキャリアプランの選択肢のひとつとして、その時勤務している病院に院内規定の定年まで働くことが挙げられます。

若手の頃と同じような感覚で安易に辞めてしまうと、転職先探しに苦労をすることがあります。若手の頃であれば未経験の分野でも歓迎される場合がありますが、50代医師は当然研鑽された知識やスキルが期待されます。またマネジメントする立場の医師よりも自分のほうが年上になる場合、応募先から遠慮されてしまうことがあるためです。

また、勤続年数は給与に大きく影響します。指導医の資格を持つ医師や、専門性の高いスキルを持つ医師の場合は転職をしても高水準の給与を得られる可能性がありますが、そうでなければ現職のままのほうが給与水準を維持できるでしょう。退職金も勤続年数に比例して上昇するので、給与面を考慮に入れて現在の職場の仕事に専念するのがひとつの選択肢です。

▶50代以降も転職できる!60歳以上OKの常勤医師求人はこちら

2.体力的に働きやすい職場に転職する

医師はハードワークになることが多い職業です。体力的・精神的な負荷を軽くしたいと考え、50代で転職を考える医師もいます。例えば、残業時間の少ない職場やオンコール・当直のない職場への転職などです。定年後も医師として働き続ける可能性を考慮して、60代以降も体力的に無理のない勤務先を選択するのが良いかもしれません。定年制度を設けていない施設もあるため、生涯現役で医師として活躍することもできます。

おすすめの転職先として挙げられるのが、介護老人保健施設(老健)などの施設長として働くという選択です。老健の業務は体力的な負担が少なく、60代、70代になっても勤務を続けることができます。幅広い知識が求められる仕事のため、臨床経験を存分に活かすことができるでしょう。小規模な無床クリニックや特別養護老人ホームなどもおすすめの転職先として挙げられます。

▶介護福祉施設(老健・特養)の常勤医師求人はこちら

また、近年需要が拡大している「産業医」という働き方もあります。産業医は、労働者が肉体的・精神的に健康的な状態で働けるよう、専門的な立場から指導・助言をする仕事です。仕事内容としては、職場環境の確認や労働者の健康相談、健康診断結果のチェックなどを行います。また産業医として勤務する場合、雇用主は企業となります。オンコールや当直はありませんし、体力的につらい業務がないため、高齢の医師でも働きやすい職場です。

▶産業医の常勤医師求人はこちら

3.フリーランス医になる

常勤医をやめてフリーランスの医師になるという選択もあります。フリーランス医は、自身の体力や都合に合わせて勤務するペースを調整できるメリットがあります。

診療科にもよりますが、健康診断やコンタクトレンズの検診の求人は時期を問わず募集していることが多く、体力的に負担の少ない業務で、日給6~8万程度が得られるので、50代以降の働き方としておすすめです。ただし、フリーランス医の場合、年金が国民年金になることには注意しましょう。

▶50代医師におすすめの非常勤求人を紹介してもらう(完全無料)

4.マネジメント職としてキャリアを磨く

50代半ば時点で役職に就いていれば、さらにキャリアを磨きキャリアアップを目指す転職も可能です。数は少ないものの、院長職や部長職を募集するハイクラス求人が出ることもあります。もちろん相応の臨床経験とマネジメント能力が必要になりますが、50代になってもキャリアを高め続けたい方には適した働き方でしょう。

しかし、ハイクラス求人は数が少ないうえに人気が高く、求人が出てもすぐに枠が埋まってしまうことがあります。また、ハイクラス求人が出るかどうかは運やタイミング次第です。そのため、あらかじめ転職エージェントに登録するなどして、日ごろから求人情報にアンテナを張るなど、情報収集が不可欠となります。

50代の医師には、50代でどのようなキャリアを積むか、どのようなライフスタイルを送るかといった選択に加え、定年後をどう過ごすかを視野に入れた選択を行う年代です。一人ひとりのキャリアは異なるため、自分のスキル・経験ならどのようなキャリアチェンジができるのか、医師専門の転職エージェントに相談をしてキャリア選択のヒントにしてはいかがでしょうか。

文:太田卓志(麻酔科医)

条件を選択してください

条件を選択してください

※都道府県は3つまで選択可能です。

条件を選択してください

※市区町村は5つまで選択可能です。

条件を選択してください

条件を選択してください

条件を選択してください

条件を選択してください

条件を選択してください

※都道府県は3つまで選択可能です。

条件を選択してください

※市区町村は5つまで選択可能です。

条件を選択してください

条件を選択してください

条件を選択してください

条件を選択してください

条件を選択してください

条件を選択してください

条件を選択してください

※都道府県は3つまで選択可能です。

条件を選択してください

※市区町村は5つまで選択可能です。

条件を選択してください

条件を選択してください

条件を選択してください

条件を選択してください