「やさしい日本語」を用いた外国人診療のメリット|スペシャルコラム

「やさしい日本語」を用いた外国人診療のメリット

外国人診療には英語が必須と考えられる傾向がありますが、簡単な日本語であれば理解ができる在留外国人も少なくありません。いまさまざまな分野で注目されている「やさしい日本語」を用いた診療を行えば、多様な言語の通訳者に依頼することなく外国人患者さんとのコミュニケーションを円滑にすることが可能です。武田裕子氏(順天堂大学大学院医学研究科医学教育学教授)、岩田一成氏(聖心女子大学日本語日本文学科准教授)が考える医療現場における「やさしい日本語」の活用法をWeb医事新報よりお届けします。

在留外国人は英語より日本語で会話する

在留外国人の増加に伴い医療の現場でも,様々な課題が生じている。外国人診療というと,英語が苦手だからとしり込みする医療者は少なくない。しかし,国立国語研究所の「生活のための日本語:全国調査(2009年)」では,英語を母語(最もよくできる言葉)とする外国人は8%にすぎず,それ以外の人で英語ができると答えた人も36.2%にとどまる。一方,日常生活に困らない言語は日本語が62%であった。もう少し新しい法務省の「2016年度外国人住民調査報告書」では,日本語ができる人が8割を超えている(「日本人と同程度に会話できる」[29.1%],「仕事や学業に差し支えない程度に会話できる」[23.4%],「日常生活に困らない程度に会話できる」[29.7%])。在留外国人の出身国(地域)数は194に上るため,それぞれの国の言葉で個別に情報提供するのは困難である。そこで,外国人住民の多い自治体では,転入の際の手続きや生活に関わる情報提供に,日本語を母語としない外国人にもわかりやすい「やさしい日本語」を積極的に用いている。

「やさしい日本語」の考え方は,1995年の阪神・淡路大震災後に普及した。外国人住民は日本人と比べて100人当たりの死者数,負傷者数が,それぞれ1.8倍,2.4倍であった。その原因のひとつに,コミュニケーションの問題があると言われている。震災の極限状態では,コミュニケーション問題が顕在化し,英語が伝わらない,日本語もそのままでは伝わらない,ということが明らかになり,「やさしい日本語」に注目が集まった。

医療通訳と「やさしい日本語」の両輪で

広まりつつある「やさしい日本語」だが,医療者にはほとんど知られていない。しかし,受付けや外来診療,検査や処方薬の説明,病棟での入院生活などにおいて,簡単な会話であれば「やさしい日本語」で十分なことも少なくない。表1に,例を挙げる。

深刻な疾患の説明や専門性の高い治療,インフォームド・コンセントの場面など,患者の母語による医療通訳が必要な場面も必ずある。「やさしい日本語」が医療現場に普及すれば,医療通訳者は最も必要とされるところで活動することができる。「やさしい日本語」と医療通訳の両方の活用が,医療機関には求められている。

厚生労働省が3月に公表した「医療機関における外国人患者の受入に係る実態調査の結果」では,外国人患者を受け入れている病院の2割近くで医療費の未収金が生じ,月平均42万円となることが示された。未収は,意思疎通がうまくいかないことも一因といわれている。神奈川県では,2002年から医療通訳制度の普及を図り,医療ソーシャルワーカーが病院側の窓口になって,医療通訳者と共に相談を受ける体制の整備を進めている。それに伴い,当時2000万円を超えていた未払い医療費の補填(自治体から医療機関への交付)が激減したことが報告されている(沢田貴志,医学界新聞第3314号,2019)。海外には,医療機関で治療費を支払う必要のない国もある。丁寧な説明,また,経済状況や置かれている環境を聴き取りながら療養環境の調整が必要であり,それには,緊密なコミュニケーションが不可欠である。

「やさしい日本語」の作り方

「西暦で伝えた生年月日を平成で聞き返されて困った」と外国人の知り合いに聞いたことがある。話し手は相手の立場に立って伝える配慮がまず必要である。表2に,「やさしい日本語」を話すときの留意点を示す。漢語を和語に,擬音語や擬態語は避ける,などの工夫で日本語は確実にやさしくなる。また,最初に結論を言って解説を後にすると非常にわかりやすくなる。結論は,はっきり言い切った方が伝わるが,医療では不確実さを伴う表現となりやすい(「これは○○の可能性が高いです」など)。それが不安感につながることもあるため,意識して言葉を補う必要がある。

どの単語,言い回しなら伝わるかは,相手の表情を見ながら判断するしかない。アジアの漢字文化圏の方なら,漢字で書くと一度で伝わることがある。スマートフォンなどで画像を検索して見てもらうのが早いこともある。インターネットを利用すれば,無料の多言語翻訳アプリも入手できる。話し言葉も書き言葉も翻訳できるソフトがあるが,「やさしい日本語」を用いて入力すると,翻訳されたときに飛躍的に正確な文章となる。

「やさしい日本語」は,要点を簡潔に伝えることを旨とし,婉曲的な表現は除く。そのため,日本語を母語とする者には丁寧さを欠くように聞こえることもあるが,情報の伝達自体を優先する。忘れてはならないのは,言葉はコミュニケーションの道具にすぎないということだ。表1に挙げた例文にしても,これが唯一の正解というわけではまったくない。相手の日本語能力に合わせ,表現も当然変わってくる。

よりよいコミュニケーションには,「言葉」だけでなく文化や習慣の違いも心にとどめる必要がある。医師に質問することなど思いもよらない患者は,理解できていなくても頷き,「分かりましたか?」と尋ねると「はい」としか返さないこともある。多職種で「やさしい日本語」を活用し,医療コミュニケーションを図りたい。

「やさしい日本語」は誰にとってもやさしい

「やさしい日本語」が外国語の修得と大きく異なるのは,新しい単語や文法を覚える必要がなく,注意点を心にとどめると話せるようになるという点である。相手を理解したい,伝わるように話したいという態度が「やさしい日本語」のスキルアップにつながる。

患者の表情を読み取りながら,生活背景にも目をとめたコミュニケーションは,実はすべての患者と接するときに求められるものである。聴き取りにくさを覚えている高齢者,病気や治療の影響で理解度が低下している入院患者,小さなお子さんや障害を抱えている方など,様々な方々に接するときにも役に立つ。日常の臨床業務にも活用できるスキルとして,「やさしい日本語」に取り組みたい。

出典:Web医事新報 [提言]武田裕子(順天堂大学大学院医学研究科医学教育学教授)/岩田一成(聖心女子大学日本語日本文学科准教授)
※本記事は株式会社日本医事新報社の提供により掲載しています。

RECENTLY ENTRY