医師向け転職エージェントとの付き合い方|医師転職ナレッジ

医師向け転職エージェントとの付き合い方

医師はまだまだ不足している傾向にあり、転職も売り手市場です。転職自体はすんなり決まってしまうことが多いですが、自分が希望している条件とどれだけマッチする病院に決まるかは少し不安が残ります。とくに転職した経験がない、もしくは少ない人はどうやって転職を成功させればよいのかイメージがわかないのではないでしょうか? 今回は医師が転職する際の大きな味方である転職エージェントとの付き合い方について医師の視点から私見を述べていこうと思います。

1.転職する理由をしっかりと分かっているか?

転職をする際に最も重要なことが、「なぜ自分は転職をしたいのか」という理由が明確になっているかどうかです。今働いている病院に不満があるからこそ、転職を検討しているのに具体的にどのような不満があるのかしっかり分かっていないと、せっかく転職しても同様の不満が出てきてしまう可能性があります。

転職をする際にまず初めにすることは、なぜ転職したいのかということをしっかりと固めることです。たとえば現在の環境が忙しすぎてもう少しワークライフバランスを重視した職場で働きたいというときは、残業や当直が少ないという条件を第一に考えるべきです。専門医を取得したい、もっと専門的な知識や技術を身に着けたいというときは、指導医が在籍していることや難しい症例を行っているかなどが第一条件になります。

もちろん最も優先したい条件だけではなく、ほかにも「こうだったらいいな」という条件があるはずです。賃金だったり労働時間だったり、人間関係だったりとできれば叶えたい条件も2つ、3つほど考えておくとより、マッチする転職先を見つけやすくなります。

2.よりマッチする転職先を見つけるためには?

医師個人で転職を成功させようとすると、その難易度は非常に高くなります。医師は忙しいうえに、インターネットで公開されている求人情報には必要最低限のことしか載っていません。職場となる病院の内部の事情や実際にどの程度の就業時間、賃金なのか、どんな症例を担当することができるのか、といった肝心の情報が出ていないことがほとんどです。

転職を成功させるためにはやはりプロに協力してもらうことが一番の近道です。医師自身がどういった点を重視して転職をしたいのか不明瞭な場合でも、現在の勤務状況をヒアリングしたうえでどんな軸で転職先を探せばいいのか、ということをアドバイスしてくれます。

医師は現在不足している傾向にあります。病院側も独力ではなかなか医師を獲得することができないため、多くの病院で転職エージェントに求人紹介を依頼します。病院側は転職エージェントとやり取りを密に行い、希望の条件に合う医師を集めます。

その過程で転職エージェントは病院の労働時間や賃金、症例、人間関係などの内情についての情報をノウハウとして蓄積していきます。そういったポイントを考えたうえで、転職を希望する医師にとって合うであろう病院を紹介してくれるため、自身で探すよりもマッチングする可能性が高くなります。

実際に私が転職エージェントを利用するときは、内情について必ず聞くようにしています。とくに人間関係などの外部から分からない情報はとても貴重で参考になります。労働時間や賃金などの条件が良くても、人間関係が悪いと短期間で転職せざるをえないことがあります。そういった可能性を排除できるのでとてもありがたいです。

3.転職エージェントをフル活用する

転職エージェントはフル活用することをおすすめします。在職中だとなかなか転職活動の時間が取れないということも多いかと思いますが、エージェントに任せれば、多数ある求人の中から、条件に近い求人をできるだけ多く選んで提案してくれるので、効率的に求人を探すことができます。また、自分では難しい面接や見学日の日程調整も行ってくれます。

好条件や人気のある立地、専門的な症例など人気のある案件はすぐに人員が集まり募集がクローズしてしまいます。効率的な転職を考えているならば、一度転職エージェントに話だけでも聞いてみるのはどうでしょうか?

文:太田卓志(麻酔科医)

RECENTLY ENTRY