青梅市立総合病院のクラスター、感染者60人超に スクリーニング目的で「全職員等PCR検査」実施|業界ニュース

保存した
求人
最近見た
求人
求人検索

青梅市立総合病院のクラスター、感染者60人超に
~スクリーニング目的で「全職員等PCR検査」実施

マイナビDOCTOR 編集部からのコメント
9月30日、青梅市立総合病院(東京都青梅市)は、同病院で発生した新型コロナウイルス感染症のクラスターに関して、新たに職員など2人の感染判明をホームページ上で明らかにしました。8月26日から9月29日までの患者、職員などの感染者は計62人となっています。すでに同病院では8月26日から9月27日までの間に計1562件のPCR検査を実施済みですが、9月28~30日の3日間で、クラスター収束のためのスクリーニング目的で、新たに全職員のPCR検査を実施したことを明かしています。

青梅市立総合病院(東京都青梅市、稼働病床数・一般426床、精神50床)は9月30日、同病院で発生した新型コロナウイルス感染症のクラスターに関して、新たに職員など2人の感染が判明したことをホームページで明らかにした。【新井哉】

同病院が公表した8月26日から9月29日までの「感染判明状況」によると、患者や職員などの感染者は、今回判明した2人を含めて計62人となった。

同病院は「9月28日から30日にかけて、クラスター収束のためのスクリーニングを目的として、全職員等PCR検査を行っております」と説明。PCR検査については、8月26日から9月27日までに計1562件(職員など531件、患者1031件)実施したことも明らかにしている。

出典:医療介護CBニュース

RECENTLY ENTRY