医師が転職するのに最適なタイミングとは?かかる期間や開始時期も解説|医師転職ナレッジ

保存した
求人
最近見た
求人
求人検索

医師が転職するのに最適なタイミングとは?かかる期間や開始時期も解説

医師が転職を考えるタイミングには、キャリアアップや出産・育児・介護といったライフステージの変化、職場環境の悩みといったさまざまなきっかけがあります。転職には事前準備が欠かせませんので、余裕を持って転職活動を始めることがポイントといえます。転職を考える主な理由と転職活動をいつから始めれば良いのかについてお伝えします。

1. 医師が生涯で転職を考えるタイミングとは

かつては出身大学の病院医局に所属し、大学の関連病院を行き来しながら経験を積んでいくというキャリアの積み方が一般的でした。ですが現在、医師のキャリアの選択肢は多様化しており、転職をするタイミングも個人によってさまざまです。一般企業の会社員の場合は20代・30代であると転職がしやすい傾向があるため「転職に適した年代」というものがありますが、医師は転職するタイミングをライフスタイルやキャリアプランに合わせて比較的自由に選択できる、というメリットがあります。

では医師はいったいどのようなタイミングで転職を検討するのでしょうか。

1-1.医師が転職を考える4つのタイミング

医師が転職を考える代表的なきっかけを紹介します。経験年数を問わず、下記の理由をきっかけに転職を考え始めるケースが多いようです。

1.医局から離れたくなった
人間関係のしがらみが強い医局の環境を「合わない」と感じる若手医師が、「医局でない環境で働きたい」と市中病院やクリニックへの転職を考えるようになるケースがあります。また、10年以上医局で臨床経験を積んだ医師であっても、将来的に出世の可能性が見込めないと感じた場合などに別の環境でのキャリアの研鑽を検討することもあるようです。

2.スキルアップしたい
経験年数を問わず、スキルアップは医師の代表的な転職理由です。専門医資格を取得するために症例数や手術件数の多い医療機関への転職を検討することもあれば、理想の医療を提供できる環境を求めて転職を検討することもあるでしょう。急性期病院で多くの手術を経験してきた医師が、在宅医療の現場に移るなどまったく新しい分野へ挑戦するケースもあります。

3.年収を上げたい
結婚・妊娠・出産・育児といったライフステージの変化によって、ある程度の収入が必要になる時期もあります。住宅購入や子どもの受験など、お金のかかるライフイベントに向けて収入アップを目的に転職を考えることもあるでしょう。また、海外留学や資格取得などの資金を用意するために、より収入の高い職場への転職を検討するケースもあります。

4.プライベートな時間が欲しい
あまりに多忙でプライベートの時間を確保できていない医師は少なくありません。休息やリフレッシュの時間を確保したい、家族との時間を充実させたい、という思いも転職を考えるきっかけになります。

厚生労働省医政局、厚生労働科学特別研究班による「医師の勤務実態及び働き方の意向等に関する調査(2017年)」で、1週間の勤務時間(診療+診療外)が60時間を超えている男性医師は全体の27.7%、女性医師は全体の17.3%であったことがわかりました。プライベートな時間の確保を希望して転職を考える医師もいますが、そもそもの労働環境を改善したい、肉体的・精神的負担を軽減したいと転職を考えるケースもあるようです。

1-2.医師の転職にはどのくらいの時間がかかる?

医師の転職スケジュールは、転職方法によっても異なります。転職エージェントを利用した場合、応募してから内定が出るまでは1ヵ月程度が一般的で、早ければ1週間程度で内定が出ることもあるようです。知人の紹介によって転職をする場合は、新しい勤務先の希望時期や現職の引き継ぎ等の事情によってかかる時間はさまざまでしょう。

いずれの場合でも、転職スケジュールで重要となるのは退職交渉です。医師不足に悩む医療機関が大半ですから、退職の意思を伝えた際に慰留されるケースが多いようです。医療機関側が代わりの医師を募集する期間等も考慮に入れて、できれば半年前までに、遅くとも3カ月前までには退職の申し出を行っておきましょう

また転職先を探す場合、すぐに希望に合致する勤務先が見つかるとはかぎりません。多忙な日々の業務の合間をぬって情報収集や応募書類の作成を行うことを考えると、転職の準備はなるべく早めに開始しておくことをおすすめします。なお転職エージェントに希望条件を前もって伝えておくと、条件に合致した求人が出た際に連絡をもらえます。

2.女性医師はライフステージの変化が転職のタイミングに

女性医師にとって出産や育児などのライフステージの変化が転職を考える大きなきっかけになっています。時短勤務が可能な職場や託児所が近くにある職場など、育児と仕事の両立が可能な勤務先への転職を希望する女性医師が多いようです。

現在の職場で家庭の事情に合わせた働き方ができることが理想ですが、勤務日数や勤務時間、業務内容の軽減ができない場合、転職を考えざるを得なくなるようです。すぐに出産の予定がない医師でも、産休・育休のとりやすい職場や育児をしながら働きやすい職場を探しておくと、いざ必要になった時にスムーズに動くことができるでしょう。

3.転職時期を想定して転職活動を始めるべき?

前述したように、転職活動期間には退職交渉が大きく影響してきます。そのため、希望の転職時期に転職するためには、現在の職場の状況を見ながら進めていくことになります。

意識しておきたいのは、繁忙期の退職は避けて計画を立てたほうが良いという点です。繁忙期の退職は残されたスタッフに負担をかけることになり、退職日まで同僚と気まずくなるかもしれません。また、研修施設の指導医として勤務しているような場合、自身の退職によって同僚や後輩が専門医資格を取得しづらくなってしまったり、他の医師も別の医療機関への転職を決めたりしてしまうなど、他の医師へ影響を与える可能性があります。職場の状況を見ながら、タイミングを見て直属の上司に相談をしておきたいところです。

転職後も業務上やり取りする機会や顔を合わせる機会がある医師の世界ですから、良好な関係を継続できるよう時期や状況に配慮をして準備を進めることをおすすめします。

4.キャリアプランを考えたタイミングで転職を成功させよう

スキルアップやライフステージの変化は、転職を考えるひとつのきっかけとなります。自身のキャリアプランを考えながら、最適なタイミングで転職できれば、生涯を通してやりがいのある働き方を選択できることでしょう。転職を決意した後は、退職交渉を含めおおよその転職期間を決め、無理なく準備を進めることが大切です。なお、転職活動において特に時間がかかる情報収集はできるだけ早く開始することをおすすめします。

より効率よく転職活動を進めたいなら、転職エージェントを活用するとよいでしょう。医師専門のエージェントなら、キャリアプランを相談しながら、最適な職場探しをサポートしてくれます。退職交渉や引き継ぎに時間がかかる可能性を考えながら、効率よく転職活動を行いましょう。

[もっと知りたい! 続けてお読みください]
失敗しない! はじめての医師転職マニュアル

RECENTLY ENTRY