医師がクリニックで非常勤勤務(アルバイト)をするメリットとは?好条件の求人の探し方も紹介|医師の現場と働き方

保存した
求人
最近見た
求人
求人検索

医師がクリニックで非常勤勤務(アルバイト)をするメリットとは?好条件の求人の探し方も紹介

医師の働き方のひとつに、クリニックでの非常勤があります。常勤と非常勤を掛け持ちする場合や、複数の施設で非常勤をする場合など、人によって働き方はそれぞれです。今回は、医師がクリニックで非常勤勤務をするメリットや、非常勤の種類、好条件の非常勤求人を見つけるポイントなどについて解説します。

<この記事のまとめ>
・医師がクリニックで非常勤(アルバイト)をする代表的なメリットは、ワークライフバランスを確保できることと、収入アップができること。
・育児や介護と両立しながら働いたり趣味に注力したりするなど、自分のライフスタイルに合わせた働き方ができる。
・単価の高い求人を狙うなら、お盆や年末年始のスポット勤務がおすすめ。

1.医師の非常勤(アルバイト)の定義

まずは医療法に基づいて、医師の非常勤勤務がどのように定義されているのかを確認しておきましょう。

厚生労働省は、医療法第25条1項の規定に基づく立入検査要綱において、常勤医師等の取り扱いを「病院で定めた医師の1週間の勤務時間が、32時間未満の場合は、32時間以上勤務している医師を常勤医師とし、その他は非常勤医師として常勤換算する」と定義しています。つまり、医師の非常勤は「1週間の勤務時間が32時間未満」となる勤務形態です。

2.医師がクリニックで非常勤をするメリット

クリニックでの非常勤には常勤にはないメリットがあります。具体的に見てみましょう。

2-1.ワークライフバランスを確保できる

クリニックで非常勤を選択する最大のメリットは、自分のライフスタイルに応じて働き方を決められる点にあります。無床のクリニックでの非常勤は、総合病院などの常勤医のように、宿直やオンコールなどにも対応する必要がなく、残業が少ないのが魅力です。

また、非常勤は、自分の希望する診療科目や勤務形態、時間帯を選択しやすいため、ワークライフバランスを考えた働き方ができます。

例えば、ライフステージに合わせて育児や介護などを無理なく両立したい場合や、フリーランスとして活躍したい人にとって、クリニックの非常勤には大きなメリットがあります。

▶オンライン診療の非常勤(アルバイト)医師求人情報はこちら

2-2.収入アップを目指せる

常勤と非常勤を両立させたり、複数の施設で非常勤を掛け持ちしたりするなど、働き方によって収入アップを目指すことが可能です。特に、年末年始、お盆などは時給が高くなる傾向にあるため、ねらい目です。

2-3.目的や夢をかなえるために一時的に働くことも可能

海外留学や趣味などの目的に合わせて、期間を決めた働き方ができるのもメリットのひとつ。住宅ローンや結婚準備、開業に向けて資金を確保したい、子どもの受験対策のために一時的に収入を増やしたい、趣味のウィンタースポーツに注力するため、冬の間は非常勤で働きたいなど、目的に合わせて働き方を見直せます。

逆に、採用側の個人クリニックの院長が、旅行や趣味を楽しむために、一時的に非常勤を確保しようとするケースもあるようです。需要と供給がマッチすれば、働き方の幅が大きく広がります。

2-4.常勤医とは別の経験を積める

非常勤の仕事は、経験の幅を広げる良い機会となります。常勤と両立している場合でも、異なる分野で臨床経験を積めば、将来のキャリアパスを広げるチャンスが得られるでしょう。

例えば、定年後のキャリアパスとして在宅医療領域を考えているのであれば、在宅クリニックで非常勤をするのもよいでしょう。日本在宅医学会(2019年5月~日本在宅医療学会と合同して日本在宅医療連合学会に)の専門医や指導医といった経験豊富な医師から直接指導を受けられるうえ、自身のキャリアアップが可能です。

新しい分野に挑戦したい人やブランクがある人は、研修プログラムを備えているクリニックを選ぶのも一案です。

▶指導医在籍・研修プログラムありなどスキルアップしやすい医師の非常勤求人を紹介してもらう(完全無料)

2-5.心身の負担が少ない傾向にある

病床のある施設に勤務する常勤医は、担当患者数も多い傾向にあり、残業や宿直、オンコール対応などもあるため、心身への負担が大きい傾向にあります。しかし、無床のクリニックでの非常勤は、そうした対応がほとんどなく、時間外の急な出勤を憂慮せずに働けます

有床であっても、非常勤はオンコール対応不要などの契約なら負担が軽減されます。持病を抱える人や、育児、介護と医師としての仕事を両立したい人は、クリニックでの非常勤を選んでみてはいかがでしょうか。

2-6.人脈を広げられる可能性がある

複数の施設を掛け持ちすれば、人脈を広げるきっかけもつかめます。将来的に開業を目指しているなら、人脈が役立つこともあるでしょう。また、幅広い分野の医療関係者と接することで、知識が広がり、スキルアップにもつながります。

▶好条件の医師非常勤求人をマイナビDOCTORで見つけませんか?医師専門のキャリアパートナーがあなたの求人探しをお手伝いします(完全無料)

3.クリニック勤務で常勤と非常勤に違いはある?

無床のクリニック勤務なら、常勤でも非常勤でも負担が少ない傾向にあるのではないかと思われた人も多いかもしれません。では、クリニック勤務における常勤と非常勤は、勤務時間数のほかに、どのような違いがあるのでしょうか。

3-1.待遇や福利厚生が異なる

非常勤は、施設によって、健康保険、雇用保険、厚生年金に加入できないケースがあります。また、各種手当が受けられない場合も多く、確定申告も個人で行う必要がある点が常勤と大きく異なります。

3-2.他の医師と協力しながら治療を進める

常勤の場合、主治医として受け持ち患者さんの対応を継続的に行います。しかし、非常勤は勤務時間が限られるため、自身が不在時に受け持ち患者さんが来院すると対応できません。そうした場合には、他の医師が主治医に代わって患者さんを診療し、次回の出勤日に申し送りを受ける流れになるでしょう。常勤医のフォローを前提とした治療になるのが、非常勤の特徴といえます。

3-3.常勤は副業ができないケースがある

常勤と両立して、クリニックでの非常勤を行う場合、非常勤の仕事は副業扱いになります。施設によっては副業禁止の就業規則を設定しているところがあるため、常勤と兼業したい場合には注意が必要です。トラブルを避けるためにも、事前に常勤先の規定を確認しておきましょう

4.クリニックの非常勤は、大きく2つの種類がある

クリニックの非常勤には、「定期非常勤」と「スポット勤務」の2種類があります。定期非常勤は「毎週〇曜日の午後診療」など、決まった曜日や時間で継続的に勤務します。スポット勤務は「△月〇日の健康診断」「代診」など、特定の事案や依頼に対応し、臨時として働くスタイルです。

定期非常勤は、安定した収入を継続して得やすく、予定を立てやすいのが特徴。一方、スポット勤務は、基本的に定期非常勤と収入相場との差はないものの、急募の案件では、より好条件の待遇になっている傾向にあります。時間を有効活用したい人にとって、スポット勤務の方が収入単価の高い働き方を選びやすいでしょう。

▶医師におすすめの定期非常勤求人はこちら

ただし、スポットの場合は、契約ごとに面接が求められたり、その都度、予定を調整する手間が生じたりします。また、人気の高い求人は競争率が高く、不採用になる可能性もあります。

▶医師におすすめのスポット求人はこちら【積極採用中】

5.クリニックのおすすめ非常勤求人は?

クリニックでの非常勤といっても、条件はさまざまです。より効率的に働き、ワークライフバランスを良好にしたいなら、自分に合った働き方を見つけてみましょう。続けて、おすすめのクリニック非常勤求人の種類について紹介します。

5-1.定期非常勤としておすすめの求人

定期非常勤で安定した収入を得たい場合や、スキルアップを目指したい人は、外科や緊急対応を学べる二次救急レベルの医療機関で夜間バイトをしたり、専門医の症例を集めやすい病院での外来で勤務したりするのがおすすめです。上級医師がいる職場なら、レベルの高い指導を受けるチャンスを得られます。

▶1日10万円以上の非常勤(アルバイト)医師求人情報はこちら

5-2.スポット勤務でおすすめの求人

スポット勤務で効率よく収入を得たい方は、年末年始、お盆などがねらい目です。この時期は、単価が高いことに加え、観光地や離島などでは、休憩時間に観光プランなどが添えられた求人もあります。

また、年度はじめは企業での勤務や検診など、比較的短時間のスポット求人が多くなります。目的を持った働き方をしたい人や、身体的な負担を抑えて働きたい人におすすめです。

▶最新のスポット勤務アルバイト情報について問い合わせる

6.好条件の非常勤求人を見つけるポイント

では、好条件の非常勤求人を見つけるにはどうすればよいのでしょうか。

6-1.待遇面をきちんと確認する

非常勤は手当がつかないケースがあることを上述しましたが、なかには常勤医と同様の手当が提示されたり、時給相場が高く設定されていたりする求人もあります。勤務環境や労働条件だけでなく、福利厚生や手当についても必ず確認しましょう。また、都心部よりも郊外にあるクリニックの方が、時給相場が高くなる傾向が見られます。収入を重視する場合にはエリアを限定せずに探してみましょう。

▶遠方交通費支給がある非常勤(アルバイト)医師求人情報はこちら

6-2.医師専門のエージェントを利用する

クリニックの非常勤募集を探すといっても、さまざまなエリアで、幅広い診療科の募集があり、条件が大きく異なります。多くの情報から自分に合った求人を選ぶのは、意外と時間がかかるものです。

効率よく自分の希望にあった求人を探したいなら、医師専門のエージェントを利用するのも一案です。入職を希望する診療科やキャリアパスを相談し、最適な職場探しをサポートしてもらいましょう。

7.医師専門のエージェントを利用して効率の良い働き方を考えてみよう

クリニックで非常勤は、ワークライフバランスが良く、自分の希望に合った働き方がしやすいのが大きなメリットです。キャリアアップを目指して、専門性の高い分野を学ぶ機会も得られるでしょう。とはいえ、忙しい日々のなかで自分に合った勤務先を探すのは大変です。職場探しも効率的に進められるよう、医師専門のエージェントを利用してみてはいかがでしょうか。

▶好条件の定期非常勤・スポットアルバイト求人を紹介してもらう(完全無料)

PROFILE

監修/小池 雅美(こいけ・まさみ)

医師。こいけ診療所院長。1994年、東海大学医学部卒業。日本医学放射線学会・放射線診断専門医・検診マンモグラフィ読影認定医・漢方専門医。放射線の読影を元にした望診術および漢方を中心に、栄養、食事の指導を重視した診療を行っている。女性特有の疾患や小児・児童に対する具体的な実践方法をアドバイスし、多くの医療関係者や患者さんから人気を集めている。

NEW CATEGORY ARTICLE医師の現場と働き方

RECOMMEND ARTICLEおすすめ記事

CATEGORY記事カテゴリ

医師転職ナレッジ
意外と知らない医師の転職市場。ここでは、医師の転職市場全体の動向や、診療科目別のトレンドなど希望のキャリアを実現するナレッジを紹介いたします。
医師の現場と働き方
このコンテンツでは、勤める環境によって、医師がどんな働き方になるのかをデータや現場レポートを交えて紹介いたします。
スペシャルコラム
最新の医療関連情報はもちろん「開業」のヒントや「お金」の話など、医師のライフスタイルを豊かにする情報満載。
DOCTORY(ドクトリー)
「Doctor=医師」+「Story=物語」+「Victory=成功、喜び」から成る造語です。第一線で活躍される先生方のキャリアや生き方に関するお話をうかがい、若き医師たちの指針となるようなメッセージをお届けします。