65歳以上の医師でも転職できる?年収事情と求人傾向も紹介|医師転職ナレッジ

保存した
求人
最近見た
求人
求人検索

65歳以上の医師でも転職できる?年収事情と求人傾向も紹介

医師は生涯続けられる職業ですが、年齢を重ねるにともない、現在の働き方を継続できるのか不安を抱くことがあると思います。一般的に定年を迎えることの多い年齢に差しかかったころであっても、転職ができるのか、どの程度の年収を得られるのか気になる人もいるでしょう。今回は、65歳以上の医師の転職事情と年収について解説します。

<この記事のまとめ>
・65歳以上の医師も希望通りの転職ができる可能性が充分にある。どのようなキャリア・働き方を実現したいか優先順位を明確にすると、転職後の満足度がともないやすい。
・当直なしや非常勤など、無理なく働ける勤務形態を検討するのも一案。
・65歳以上であっても一定水準の年収を維持することが可能。年収を下げたくない場合は勤務エリアや施設形態、仕事内容の選択肢を広げて考えるのがおすすめ。

1.65歳以上の医師の転職事情とは

定年退職の年齢が近づくと、セカンドキャリアやプライベートと両立しやすい働き方を考えながら、体力的な負担の少ない職場を検討することになります。まずは、65歳以上の医師の働き方とともに、転職事情について見てみましょう。

1-1.65歳以上の医師の働き方

65歳以上ともなると、心身への負担が少ない働き方を実現するために、さまざまな選択肢を検討することが増えるでしょう。仕事内容の面では、それまでの経験を活かして臨床の業務を継続するほか、指導医としての業務を中心にしたり、マネジメントを担う立場で活躍したりすることも選択肢になります。

また、フルタイム勤務を継続するか、非常勤や時短勤務するかというように、勤務形態を変更して働き続けられるように調整する方法もあります。あるいは、医師不足の地域に平日のみ通勤したり、地域医療に貢献するため移住したりするなど、勤務地と勤務時間と業務内容を考えながら、新たなキャリアを開拓していく医師もいます。

▶60歳以上OKの非常勤(アルバイト)医師求人はこちら

1-2.65歳以上の医師は転職できる?

慢性的な医師不足が続くいま、65歳以上であっても転職に成功できる可能性は十分にあります。医師が極端に不足している地域では、好条件で転職できる施設もあるでしょう。とはいえ、施設によっては若手医師を中心に募集しているところもあります。転職を成功させるには、あまりにも多くの希望をかなえようとしすぎず、優先すべき条件を明確にしたうえで応募することが大切です。

▶【積極採用中】60歳以上OKの常勤医師求人はこちら

また、転職後にも勤務を継続していくことを考慮して、体力の負担が少ない業務を中心とした施設や業務を選択することをおすすめします。例えば、介護老人保健施設などの施設長として勤務したり、オンコールや早番・遅番などがない勤務形態を選択したり、無床クリニックで訪問診療を中心に担ったりするなど、さまざまな選択肢があります。

2.65歳以上の医師の働き方の選択肢

65歳以上の医師でも転職しやすい勤務先として、代表的なものを見てみましょう。

2-1.当直なしで常勤医として働く

常勤医として働くことを希望する場合、急性期病院・亜急性期・回復期リハビリ病院・地域包括ケア施設など幅広い選択肢があります。中でも慢性的な医師不足を抱える地域では、年齢を問わず募集しているケースがあるので求人を探してみてはいかがでしょうか。

当直なしなど比較的ゆったりとした勤務の場合、回復期リハビリ病院や地域包括ケア施設などが候補になるでしょう。地域や施設の診療科目などの特性によっても異なりますが、働き方や年収を柔軟に相談できる場合もあり、体力面に配慮した勤務が期待できます。

▶ゆったりめ勤務ができる常勤医師求人はこちら

2-2.開業・事業継承をする

経営者自身や従業員の高齢化などの理由により医療施設を第三者に譲渡したいという開業医も増えています。自身の豊富な経験を活かして地域医療に貢献するなら、医療施設を承継して開業するのもひとつの方法です。継承開業では、開業までの準備を短期間で進めることができたり、費用を抑えられたりするといったメリットがあります。

▶マイナビDOCTORでは開業したい医師の皆さんのサポートをしています。支援サービスの詳細はこちら

2-3.介護保険施設の施設長として勤務する

介護保険施設での勤務もおすすめです。収入は病院・クリニックなどよりは減少するケースが多いものの、体力面での負担の少ない業務を担当できます。

具体的には、軽度な疾患の治療や回診、提供する食事やリハビリテーションをはじめとするさまざまなサービスへの医学的な助言、感染予防対策を指示、入所者の健康維持と管理、安全で快適な環境づくりなどを担当します。高齢者に寄り添い、看取りなどをすることで地域の健康を支えていく役割があり、大規模な病院施設における勤務とは異なるやりがいがあります。

▶介護福祉施設で働く常勤医師求人はこちら

2-4.訪問診療・在宅医療

在宅医療では、患者さんの病状に関わらずに定期的に訪問し、持病の治療の他にも栄養管理、褥瘡予防、廃用症候群の予防などの健康管理を主に担います。

患者さんやそのご家族と密接に関わる中で信頼関係を築きながら必要な医療を提供することで、患者さんがそれまで生活してこられた環境で日々穏やかに過ごせるよう支援します。患者さんや家族から医療のスペシャリストとして信頼され、近い距離で接することでやりがいを感じられるでしょう。

▶個人宅往診に携われる常勤医師求人はこちら

3.65歳以上の医師の平均年収

ここでは、65歳以上の医師の年収相場を見てみましょう。厚生労働省が公表している「令和3年賃金構造基本統計調査」を参考に、年代別の常勤医の平均年収をまとめました。ただし、定年後に転職した場合の平均年収ではなく、継続して勤務している医師を含んだデータであることを考慮に入れる必要があります。

3-1.65歳から69歳の平均年収

65歳~69歳の医師の平均年収は、性別や施設の規模によって差がみられます。以下は、10人以上の施設で働く医師の、男女別平均年収です。

■65~69歳の医師の平均年収

平均年収 平均年齢 平均所定内実労働時間(月) 平均超過実労働時間(月)
男性医師 1,812万9,500円 67.1歳 162時間 2時間
女性医師 1,585万100円 67.9歳 143時間 2時間

※平均年収は、「きまって支給する現金給与額」×12カ月+「年間賞与その他特別給与額」で算出

(厚生労働省「令和3年賃金構造基本統計調査」より)

令和3年賃金構造基本統計調査」では、男性医師は女性医師より230万円ほど平均年収が高いという結果でした。これは、平均所定内実労働時間の長さが影響していることが推測されます。

3-2.70歳以上の医師の平均年収

70歳以上の医師の年収相場も、性別や施設の規模によって差がみられます。以下も規模10人以上の施設で働く医師の男女別平均年収です。

■70歳以上の医師の平均年収

平均年収 平均年齢 平均所定内実労働時間(月) 平均超過実労働時間(月)
男性医師 1,672万1,500円 75.2歳 164時間 1時間
女性医師 786万5,300円 76.1歳 155時間 0時間

※平均年収は、「きまって支給する現金給与額」×12カ月+「年間賞与その他特別給与額」で算出

(厚生労働省「令和3年賃金構造基本統計調査」より)

令和3年の調査結果では、65~69歳と70歳以上の平均年収を比較すると70歳以上のほうがやや低い結果となりました。一方で、男性医師は70歳以上でも1,600万円以上という高水準の平均年収を得ている結果でした。

医師の年収相場は、仕事内容や施設の規模、役職に就いているかどうかによって差が見られるため、平均年収はあくまでも目安です。転職を検討する際は、事前にさまざまな仕事内容や施設、勤務エリアなどの求人情報を見ておくことで希望の年収水準に合った勤務先を見つけられる可能性が高くなります。

▶求人情報を見る時間がない…忙しい医師の方はマイナビDOCTORに相談しませんか?医師専門のキャリアパートナーがあなたの求人探しをお手伝いします(完全無料)

4.65歳以上の医師の転職は優先順位を決めて選ぼう

65歳以上ともなれば、年収よりもワークライフバランスや生涯にわたって勤務できるかどうかを優先すべきケースもあるでしょう。自分にとって大切にしたいポイントを明確にし、満足度の高い転職をかなえましょう。仕事内容や施設形態、勤務エリアによって、より希望にあった勤務先が見つかることもありますので、選択肢の幅を広げてみることをおすすめします。勤務経験のない分野の情報を集めるのが大変な場合もありますので、医師専門の転職エージェントを活用しながら効率的に情報収集してみてはいかがでしょうか。

▶マイナビDOCTORに登録をして求人の情報収集やキャリア相談をしませんか?キャリアパートナーがあなたのキャリア実現をお手伝いします(完全無料)

[もっと知りたい! 続けてお読みください]
医師のセカンドキャリアの見つけ方【転科・定年後・開業】

NEW CATEGORY ARTICLE医師転職ナレッジ

RECOMMEND ARTICLEおすすめ記事

CATEGORY記事カテゴリ

医師転職ナレッジ
意外と知らない医師の転職市場。ここでは、医師の転職市場全体の動向や、診療科目別のトレンドなど希望のキャリアを実現するナレッジを紹介いたします。
医師の現場と働き方
このコンテンツでは、勤める環境によって、医師がどんな働き方になるのかをデータや現場レポートを交えて紹介いたします。
スペシャルコラム
最新の医療関連情報はもちろん「開業」のヒントや「お金」の話など、医師のライフスタイルを豊かにする情報満載。
DOCTORY(ドクトリー)
「Doctor=医師」+「Story=物語」+「Victory=成功、喜び」から成る造語です。第一線で活躍される先生方のキャリアや生き方に関するお話をうかがい、若き医師たちの指針となるようなメッセージをお届けします。