長期のブランクがある医師が復職を成功させるためのポイント|医師の現場と働き方

保存した
求人
最近見た
求人
求人検索

長期のブランクがある医師が復職を成功させるためのポイント

自身の病気・ケガや家族の介護、結婚・出産・育児による生活スタイルの変化、また語学留学など他分野へのチャレンジによって、医師としての仕事から離れる時期もあることでしょう。ところが、その後改めて医師として復職したいと考えた時に、ブランクがあることで不安を感じるかもしれません。今回は、ブランクのある医師が復職に不安を感じる理由とともに、復職を成功させるためのポイントについてお伝えします。

<この記事のまとめ>
・復職成功のためには、何を大切にしてどんな働き方をしたいかをイメージし、希望条件に優先順位をつけることが重要。
・過去の専門分野や勤務形態、医療機関の特徴にこだわらず、視野を広げたキャリア設計をすることで自分にとって働きやすい環境が見えることも。
・研修やサポート体制が充実している場合があるので、「ブランクOK」の求人もおすすめ。

1.ブランクのある医師が復職に不安を感じる理由

ブランクのある医師が復職に不安に感じる理由はさまざまです。ここでは、代表的な2つの理由について見てみましょう。

理由①スキルや知識不足による不安

ブランクからの復職に不安を感じる理由の1つに、ブランク中は臨床の現場から離れるためスキル・知識の更新が難しいことが挙げられます。現場の感覚が薄れていくだけでなく、医療情報に触れる機会も少なくなりがちです。日進月歩の医療業界では、新薬や新技術の開発、ガイドラインの改訂などによって、それまでの常識が徐々に時代遅れになってしまうこともあります。医療に関わる最新の情報や論文などに触れ、常に知見をアップデートしておくことは、医師にとって重要な仕事のひとつです。ブランクがあると、現役医師のようには情報収集ができなくなる期間があることから、復職後にスムーズに現場に戻れるのかという不安を感じることがあるかもしれません。

理由②勤務形態に対する不安

出産や育児、介護といった生活環境の変化により、長期的に休職した後の復職では、時間帯や曜日など、働くことができる勤務形態に制約がある場合があります。特に女性医師の場合には、そうした傾向が顕著です。

日本医師会男女共同参画委員会と日本医師会女性医師支援センターが2017年8月に公表した「女性医師の勤務環境の現況に関する調査報告書」において、「休職期間別にみた休職の理由(複数回答)」の調査を行っています。

調査結果によると、1ヶ月以上仕事を中断したことがある女性医師の休職・離職理由は、その期間にかかわらず「出産・子育て」が最も多いという結果でした。またその割合も多く、休職期間が1年未満の場合は84%、1年以上3年未満は80%、3年以上は74%の女性医師が「出産・子育て」を理由に休職・離職をしていることがわかっています。このようなデータから、出産や子育てと医師という仕事の両立がいかに難しいかが読み取れます。

そのため、復職後に子育てと仕事を両立させることができるのかという不安や、復職時に希望に合った勤務形態の職場が見つかるのかといった不安を感じる医師が多いのではないでしょうか。

2.ブランク明けの医師が復職を成功させるためのポイント

長期間のブランクからの復職を考える医師にとって、新たな勤務先を探して採用試験を受けること自体にも不安があるかもしれません。将来のキャリアプランと照らし合わせて、無理なく働ける条件を検討しながら、復職を成功させましょう。ここでは、ブランク明けの医師が求人を探す際におさえておきたい4つのポイントをまとめました。

ポイント①ブランクOKの求人を探す

安心して復職するためには、「ブランクOK」とされている復職先を選ぶことをおすすめします。慢性的な医師不足が続いていることもあり、必ずしも即戦力の募集ばかりではなく、ブランクがあっても長期的に働いてくれる医師を探している求人もあります。求人情報を確認しながら、「ブランクOK」なのかを確認するとよいでしょう。「ブランクOK」の求人の場合、医療機関で何らかのサポート体制を整えてくれている可能性もあります。例えば、研修期間が設けられていたり、復職直後に指導医がついてくれたりするようなケースです。応募する際や面接などで確認しておくと安心して業務を開始できるでしょう。

ポイント②復職条件の優先順位を決める

働きやすい勤務環境の職場を探そうとすると、いくつもの条件が浮かび上がってくるかもしれません。しかし、すべての希望を満たした復職先を探すのは難しいものです。複数ある条件の中から、絶対にかなえたい条件、次にかなえたい条件、といったように第1希望、第2希望くらいまでの優先順位をつけることをおすすめします。

具体的には、年収や給与などの待遇面、症例数や専門医資格が取得できるかといったスキルアップ面、勤務時間や希望の曜日などの勤務形態、勤務地や転勤の有無、マイカー通勤の可否といった利便性、などといった項目から検討していくことになるでしょう。家族との時間を大切にしたいのであれば、休日や勤務時間帯が重要になるでしょうし、論文執筆を行いたいのであれば、症例数を確保できるかどうか、といった基準が決め手になることもあるでしょう。自分にとっての優先順位を決めることが、ブランク明けの医師が復職を成功させるためのポイントといえます。

ポイント③退職前とは異なる専門分野も視野に入れる

復職先の候補として最初に頭に浮かぶのは、退職前と同じ診療科のある医療機関だと思います。なじみのある分野で過去に培ってきた知識や技術を活かしたいと考えることは、ごく自然なことです。しかし、同じような条件にこだわりすぎると、候補が限られてしまったり、自分自身の生活スタイルや体力面の変化などを考えると働きやすい環境ではなかったりするかもしれません。

例えば、退職前は外科医として長時間の手術をこなしていたとしても、ブランク明けは体力的に続けられないことも考えられます。そこで、視野を広げて以前とは異なる業務内容や医療機関の形態も選択肢として検討することをおすすめします。外科医として急性期病院で多数の手術をしていた方であれば、慢性期病院といったまったく異なる環境でキャリアを研鑽していく道もありますし、内科医として幅広い疾患に対応してきた医師ならば、臨床の現場から離れて産業医としてワークライフバランスを重視した働き方を選ぶ道もあります。

ポイント④常勤医にこだわらない

ブランク明けの復職では常勤にこだわらず、働きやすい勤務体系を考えることも大切です。常勤は安定的な収入や退職金などの面から、安心して生活できるというメリットはあります。しかし、その分、週5日勤務や当直、オンコールの対応などを求められることもあり、過酷な勤務環境を経験せざるを得ないこともあります。そこで、ブランク明けである程度のワークライフバランスを確保したい医師は非常勤勤務も視野に入れることをおすすめします。非常勤勤務のメリットは、給与水準が高い点と勤務スケジュールをコントロールしやすい点です。勤務しやすい曜日や時間帯で非常勤勤務を開始しつつ、余裕がでてきた際に他の非常勤勤務を追加したり、スポット勤務を行ったりするなど柔軟な調整が可能です。

3.ブランクのある医師が復職で失敗しないために

ブランク明けからの復職する場合、どうしても「早くブランクを取り戻さないと取り残されてしまう」、「収入を安定させなければ」といった不安な気持ちが先行してしまう傾向があります。しかし、焦って復職先を決めてしまうと、いざ働いてみたらプライベートとの両立が難しかった、というミスマッチが生じかねません。ブランクのある医師が復職を成功させるためには、復職後にかなえたい優先順位を明確にして、視野を広げて条件を検討しながら無理なく働ける環境を整えることがとても大切です。復職のしやすい職場について、転職エージェントなどの意見も参考にしながら、自分にとっての理想の職場を見つけましょう。

RECENTLY ENTRY