本格復職への助走期間として週3の非常勤『皮膚科 女性 35歳』の場合|医師の転職成功事例

転職成功事例 マイナビドクターを実際にご利用いただいた方の体験談です。さまざまなお声をお寄せいただきました。

本格復職への助走期間として週3の非常勤『皮膚科 女性 35歳』

BEFORE

年収:
0円(常勤時は900万円)
雇用形態:
診療科目:
皮膚科
勤務体制:
総合病院
転職理由

①出産を機に退職、育児に専念

②息子が2歳になったので職場復帰したい

AFTER

年収:
700万円  ↑700万UP
雇用形態:
非常勤
診療科目:
皮膚科
勤務体制:
クリニック
転職して実現できたこと

①産休・育休明けの時短勤務の実現

②本格復帰までの計画を立てられた

今回、非常勤を希望された理由は?

以前は神奈川県横浜市内の総合病院の皮膚科に常勤で勤務しておりました。5年前に結婚し、2年前の出産を機に退職しました。それ以来育児に専念していましたが、息子が2歳になり少し手が離れたので、そろそろ医師として復職しようと思ったのがきっかけです。同じように育休から復職した職場の先輩に、「まずは非常勤で肩慣らししたほうがいいよ」とアドバイスをいただき、その先輩がお世話になった『マイナビDOCTOR』に相談させていただきました。

非常勤の職場を探すにあたって条件は?

私も約2年ぶりの仕事復帰、息子も初めて体験する母親のいない環境とあって、あくまで肩慣らし、助走期間のつもりで探しました非常勤でしたので、まずは月、水、金曜と週3回、午前中(午前9時~午後1時)までの1コマということで探していただくことにしました。診療科目は専門としていた皮膚科か、もしくは小児科ということでお願いしていました。私が勤務している間、子どもは隣町に住む両親のもとに預けることに決めてあったので、クルマで30分以内で通える範囲ということで探していただきました。

結果、川崎市内の皮膚科クリニックの非常勤に決まりました

横浜市内を中心に2件、お隣の川崎市から2件ほど候補を出していただきましたが、私の言う「肩慣らし」とか「助走期間」なんて、一瞬誤解を招きそうな言葉の意味をキチンと理解して下さった院長先生の気さくなお人柄と、院内設備の清潔さに惹かれて、このクリニックを選ばしていただきました。給与は「1コマ=4万5000円」にしていただいたので、週にして13万5000円、年収にして約700万円になります。

今後の生活設計は?

都心の商社に勤務しております夫は、ゆったりとしたペースで働く私を見て「このまま、ずっと非常勤でいいんじゃない?」と言ってくれますが、私としてはやっぱり本格的に復職を希望しています。まずは、週3回の1コマ、午前勤務のみで肩慣らしして、半年後に週3回の2コマ(午前9時~午後5時)に増やし、息子が3歳になる1年後に月~金曜のフルタイムで復職しようかと考えております。その時には、また『マイナビDOCTOR』に相談させていただこうと思ってします。