ノーベル生理学・医学賞、低酸素応答の仕組み発見で英米3氏が受賞へ|業界ニュース

ノーベル生理学・医学賞、低酸素応答の
仕組み発見で英米3氏が受賞へ

マイナビDOCTOR 編集部からのコメント
2019年のノーベル生理学・医学賞受賞者が、スウェーデンのカロリンスカ研究所により発表されました。今回授与されたのは、グレッグ・セメンザ氏(米ジョンズ・ホプキンス大)、ピーター・ラットクリフ氏(英オックスフォード大)、ウィリアム・ケリン氏(米ハーバード大)の3名で、細胞に必要な酸素量を感知し調整する「低酸素応答」の仕組みを発見した功績によるもの。今後幅広い領域での臨床応用が期待されます。

スウェーデンのカロリンスカ研究所は7日、2019年のノーベル生理学・医学賞受賞者について、グレッグ・セメンザ氏(米ジョンズ・ホプキンス大)、ピーター・ラットクリフ氏(英オックスフォード大)、ウィリアム・ケリン氏(米ハーバード大)の3名に授与することを発表した。細胞に必要な酸素量を感知し調整する「低酸素応答」の仕組みを発見した功績。貧血やがん、脳卒中、腎臓病など幅広い領域での臨床応用が期待されている。授賞式は12月10日、ストックホルムで開催される予定。

カロリンスカ研究所は、「生命で最も重要な適応プロセスの仕組みを解明した。多くの病気と戦うための新たな道を開いた」と評価している。

出典:Web医事新報

RECENTLY ENTRY