コロナワクチン学校集団接種、個別困難な場合容認~厚労・文科省が都道府県教委などに事務連絡|業界ニュース

保存した
求人
最近見た
求人
求人検索

コロナワクチン学校集団接種、個別困難な場合容認
~厚労・文科省が都道府県教委などに事務連絡

マイナビDOCTOR 編集部からのコメント
新型コロナワクチンの学校集団接種に関する事務連絡が6月22日、厚労省健康局健康課予防接種室と文部科学省初等中等教育局健康教育・食育課から各都道府県・指定都市教育委員会学校保健担当課などに宛てて出されました。事務連絡では、学校集団接種の考え方や留意点を取りまとめたことが説明。「中学校、義務教育学校後期課程、高等学校、中等教育学校、特別支援学校の中等部及び高等部並びに専修学校高等課程の生徒がワクチン接種を受ける場合を想定した」としています。学校集団接種で生徒へのワクチン接種が実施されることに関し、現時点では推奨していないとしています。

厚生労働省健康局健康課予防接種室と文部科学省初等中等教育局健康教育・食育課は22日、新型コロナワクチンの学校集団接種に関する事務連絡を都道府県・指定都市教育委員会学校保健担当課などに出した。学校集団接種に関しては、推奨していないとしながらも、個別接種の体制確保が困難な場合は、一定の条件下での実施を容認している。【新井哉】

事務連絡では、学校集団接種の考え方や留意点を取りまとめたことを説明。「中学校、義務教育学校後期課程、高等学校、中等教育学校、特別支援学校の中等部及び高等部並びに専修学校高等課程の生徒がワクチン接種を受ける場合を想定した」としている。

生徒へのワクチン接種を学校集団接種で実施することに関して、その実施方法によっては、▽保護者への説明の機会が乏しくなる▽接種への個々の意向が必ずしも尊重されず同調圧力を生みがちである▽接種後にみられた体調不良に対するきめ細かな対応が難しい-といった制約があるため、現時点では推奨していないとしている。

ただし、個別接種の体制確保が困難な場合など、市町村の判断で学校集団接種を行う必要がある場合は、「生徒及び保護者に対する丁寧な情報提供や方法の工夫を行うこと」「身体的な理由や様々な理由によってワクチンを接種することができない人や接種を望まない人もいること」などに留意し、適切な対策を講じる場合に限り実施できるとの見解を示している。

出典: 医療介護CBニュース

RECENTLY ENTRY