外国籍コロナ陽性はインド・アフガンが半数超~厚労省が空港検疫の検査実績を更新|業界ニュース

保存した
求人
最近見た
求人
求人検索

外国籍コロナ陽性、インド・アフガンが半数超
~厚労省が空港検疫の検査実績を更新

マイナビDOCTOR 編集部からのコメント
6月2日、厚労省が検疫所における滞在国・地域別の陽性検体数などの新型コロナウイルスの検査実績を更新。5月16~22日週の外国籍者の陽性検体数については、インドとアフガニスタンの2カ国だけで全体の半数超を占める結果となっています。国・地域別(外国籍者陽性検体)では、インドが6検体で最多。以下は、アフガニスタン(4検体)、エジプト(3検体)、フィリピン(2検体)、ナイジェリア、ブラジル、マレーシア(各1検体)の順です。日本国籍者の陽性検体については、インドが13検体で最多となり、2番目がアラブ首長国連邦(2検体)でした。

厚生労働省は2日、検疫所における滞在国・地域別の陽性検体数などの新型コロナウイルスの検査実績を更新した。5月16日から22日までの1週間の外国籍者の陽性検体数については、インドとアフガニスタンの2カ国だけで全体の半数超を占めている。【新井哉】

厚労省が更新した検査実績(直近4週間)によると、5月16日から22日までの1週間の陽性検体数は、日本国籍者が前週比4検体増の21検体、外国籍者が同15検体減の18検体となっている。

国・地域別(外国籍者陽性検体)では、インドが6検体で最も多く、以下は、アフガニスタン(4検体)、エジプト(3検体)、フィリピン(2検体)、ナイジェリア、ブラジル、マレーシア(各1検体)の順だった。

日本国籍者の陽性検体については、インドが13検体で最も多かった。2番目に多かったのはアラブ首長国連邦(2検体)だった。

この集計は速報値で、厚労省は「成田空港、羽田空港、関西空港、福岡空港、中部空港からの入国者について集計している」と説明。総検体数・陽性検体数については、入国前14日間に滞在した国・地域を計上。入国者が複数の国・地域に滞在していた場合は滞在していた国・地域を全て計上している。

出典: 医療介護CBニュース

RECENTLY ENTRY