武蔵野中央病院、面会の再開を「慎重に検討」~患者・職員のコロナ感染者、3週間確認されず|業界ニュース

保存した
求人
最近見た
求人
求人検索

武蔵野中央病院、面会の再開を「慎重に検討」
~患者・職員のコロナ感染者、3週間確認されず

マイナビDOCTOR 編集部からのコメント
武蔵野中央病院(東京都小金井市)の新型コロナウイルス感染症に関する発表内容(第10報、7月15日付)が小金井市のHPに掲載されました。7月1日に公表された第8報で同病院の新型コロナウイルスの感染者累計は61人(職員12人、患者49人)でしたが、半月後の15日までの3週間、患者や職員に感染者は確認されていないとしています。今回公表した第10報で同病院は、多摩府中保健所、東京都福祉保健局、厚生労働省クラスター対策班の指導を仰ぎながら院内の感染防止対策の強化に努めてきたことを説明しています。

武蔵野中央病院の新型コロナウイルス感染症の発表内容(第10報)を掲載した小金井市のホームページ
武蔵野中央病院の新型コロナウイルス感染症の発表内容(第10報)を掲載した小金井市のホームページ

東京都小金井市は、武蔵野中央病院(同市)の新型コロナウイルス感染症に関する発表内容(第10報、15日付)をホームページに掲載した。15日までの3週間、患者や職員に感染者は確認されていないとしている。【新井哉】

同病院の新型コロナウイルスの感染者に関しては、1日に公表した第8報で、感染者の累計は61人(職員12人、患者49人)としていた。

今回公表した第10報で、同病院は、多摩府中保健所、東京都福祉保健局、厚生労働省クラスター対策班の指導を仰ぎながら院内の感染防止対策の強化に努めてきたことを説明。「面会の再開につきましては、『東京都のコロナ感染警戒レベル』を受け、テレビ面会も含め慎重に検討しております」と記載している。

出典: 医療介護CBニュース

RECENTLY ENTRY