新型コロナDNAワクチン、9月上旬から阪大病院でも治験|業界ニュース

保存した
求人
最近見た
求人
求人検索

新型コロナDNAワクチン、9月上旬から阪大病院でも治験

マイナビDOCTOR 編集部からのコメント
開発が進められている新型コロナウイルス感染症向けDNAワクチンの治験が、大阪市立大病院に続き阪大病院でも開始されることとなりました。大阪市立大病院の治験と同様、対象は「健康成人志願者」を対象とし、ワクチンとして最適な接種間隔や接種回数を検討することが目的です。大阪市立病院での治験はすでにすべての接種が完了しており、開発元のアンジェスは、阪大病院での治験を待ち、結果速報を2020年10月以降に行う見込みです。

バイオ製薬企業のアンジェスは8月21日、開発中の新型コロナウイルス感染症向けDNAワクチンについて、大阪市立大病院に続き阪大病院(大阪大学医学部附属病院)で実施する第1/2相臨床試験(治験)の概要を発表した。

試験は、大阪市立大病院での治験と同様「健康成人志願者」が対象で、ワクチンとして最適な接種間隔や接種回数を検討するのが目的。当初、阪大病院での治験はさらに対象者を増やすとみられていたが、目標症例数も大阪市立大病院での治験と同じく「30例」とされている。

アンジェスは「今後、治験の諸準備を整え、9月上旬より接種を開始する」としている。

■試験成績の速報は10月以降

大阪市立大病院での治験は既にすべての接種が完了。アンジェスは大阪市立大病院と阪大病院での試験成績の速報を2020年第4四半期(10~12月)に公表する予定だ。

出典:Web医事新報

RECENTLY ENTRY