【医師の年収事情】精神科医は収入格差が激しい|医師の現場と働き方

【医師の年収事情】精神科医は収入格差が激しい

精神科といえば、手術や特殊な手技を必要とする治療が少ない分、給与水準が他科に比べて低いイメージがあるかもしれません。また、時間外勤務やオンコールが比較的少なく、ワークライフバランスを重視して働きやすい診療科と思われる傾向がありますが、実際はどうなのでしょうか。今回は、精神科の働き方と年収事情について解説します。

<この記事のまとめ>
・精神科医の年収は医師全体の平均よりもやや低めの水準。医師により収入格差が大きい。
・代表的な勤務先として公的機関があることが特徴的。公的機関では高水準の給与は期待できないものの、ワークライフバランスの確保や福利厚生の充実などの利点がある。
・年収アップを狙うなら、精神保健指定医や専門医資格の取得が重要。

1.精神科医の年収事情

精神科医のキャリアにおいては、「精神保健指定医」資格の取得を欠かすことはできません。しかし、2015年に最初に明るみになった不正取得問題の影響により、現在では同資格取得にかかわる審査はより厳密になっています。また、国が「精神疾患患者さんを病院から地域へ移行させ、地域で支える」政策を推進している背景もあり、近年精神科医の働き方は大きく変わろうとしています。

「勤務医の就労実態と意識に関する調査」(労働政策研究・研修機構、2012年)によると、精神科医全体の平均年収は1230.2万円です。調査対象となった全診療科における平均年収は1261.1万円であるため、精神科は平均よりやや低めの給与水準だといえます。

■診療科別・医師の平均年収

順位 診療科目 平均年収(万円) (計n=2876)
1 脳神経外科 1480.3 (n=103)
2 産科・婦人科 1466.3 (n=130)
3 外科 1374.2 (n=340)
4 麻酔科 1335.2 (n=128)
5 整形外科 1289.9 (n=236)
6 呼吸器科・消化器科・循環器科 1267.2 (n=304)
7 内科 1247.4 (n=705)
8 精神科 1230.2 (n=218)
9 小児科 1220.5 (n=169)
10 救急科 1215.3 (n=32)
11 その他 1171.5 (n=103)
12 放射線科 1103.3 (n=95)
13 眼科・耳鼻咽喉科・泌尿器科・皮膚科 1078.7 (n=313)

(独立行政法人 労働政策研究・研修機構「勤務医の就労実態と意識に関する調査」2012年をもとに作成)

 

最も多い年収帯は1000~1500万円(33.0%)ですが、2000万円以上を得ている医師も10.6%存在しています。10.6%という割合は他科と比べても高めであり、高所得の医師も少なくないというのは意外な事実かもしれません。一方で、年収1000万円以下の医師も31.5%を占めており、精神科は医師の収入格差が大きい診療科だといえそうです。
 

■精神科の年収階層別の分布

主たる勤務先の年収 割合(%)
300万円未満 1.8
300万円~500万円未満 4.1
500万円~700万円未満 7.3
700万円~1000万円未満 18.3
1000万円~1500万円未満 33
1500万円~2000万円未満 24.8
2000万円~ 10.6

(独立行政法人 労働政策研究・研修機構「勤務医の就労実態と意識に関する調査」2012年をもとに作成)

 

また、同調査の「自身の給与額に対する満足度」に関する質問に対し、「満足」「まあ満足」と回答した医師は45.8%で、調査対象となった全診療科の中で3番目に高い水準であるという結果が出ています。一方で、「少し不満」「不満」と回答した医師は34.7%であり、この割合も他科に比べてやや高めです。前述した精神科医の収入格差を反映した結果だと考えられます。
 

2.精神科医の働き方と給与の特徴

精神科医の年収は、勤務先によって大きく異なります。ワークライフバランスを大切にできる職場、高い給与水準が期待できる職場、臨床経験を積むことができる職場など、各自の希望にマッチした勤務先を選びやすいことが精神科医の強みでもあります。代表的な3つの職場のタイプ別に、働き方と給与の特徴をみていきましょう。

① 総合病院・精神科単科病院

精神科を有する総合病院や精神科単科病院の医師は、外来患者さんの診療や入院患者さんの管理などを行うため、比較的多忙な業務に従事することになります。特に総合病院の場合は、睡眠障害やせん妄などがみられる他科患者の診療までも行うケースが多く、時間外勤務や日当直なども多くこなさなければなりません。また、精神保健指定医は措置入院をはじめとした強制入院時の法的な診察を担うことも多く、緊急時の呼び出しに対応しなければならない場合もあります。このようなハードワークをこなす医師は、他の診療科の医師と同様、業務内容相応の給与を得ていることが多いでしょう。

② メンタルクリニック

ストレスフルな現代社会において、様々な心の悩みを抱える患者さんが増えており、入院施設を持たないメンタルクリニックも多くなっています。メンタルクリニックの「開業医」の場合は外来診療をメインに行う一方、認知症を専門的に扱うクリニックでは介護保険施設などの往診を担うこともあります。入院施設がないため、時間外勤務やオンコール、日当直などは基本的に発生せず、ワークライフバランスを大切にしやすい環境だといえます。また、開業に際してメンタルクリニックは外科や内科のように高額な医療機器を導入する必要がないため、初期投資や維持費を抑えることができます。このような背景からメンタルクリニックの収益性は比較的高く、そこで働く医師の年収もある程度の水準が保たれると考えられます。

③ 公的機関

精神科が他科と異なるのは、主な勤務先に自治体の精神保健福祉センターなどの公的機関が含まれることです。公的機関の精神科医は、精神相談などの福祉領域の業務や医療行政にも携わります。公的機関なので時間外勤務は少なく福利厚生が充実しており、土日祝日の休みも確保されているケースがほとんどです。業務においては精神福祉に関する関係法規など臨床ではあまり必要とされない知識を求められるため相応の研鑽は必要ですが、ワークライフバランスを重視したい医師に人気があります。ただし、公的機関に勤務する精神科医の年収は1000万円以下にとどまることが多く、高水準の給与を期待することは難しいでしょう。

3.精神科医の年収アップのポイント

精神科医が年収をアップさせるためには、近年審査が厳しくなっている精神保健指定医や専門医資格の取得が大きなポイントになります。また、地域包括ケアシステムの構築が進む中で、病院から地域へ移った患者さんの経過観察を適切に行うことができる医師は重宝されると考えられます。より良い条件での転職を考えるなら、自らのアピールポイントを作るべく戦略的にキャリアを築いていくことが大切です。

PROFILE

成田 亜希子(なりた・あきこ) 
 
2011年に医師免許取得後、臨床研修を経て一般内科医として勤務。その後、国立保健医療科学院や結核研究所での研修を修了し、保健所勤務の経験もあり。公衆衛生や感染症を中心として、介護行政、母子保健、精神福祉など幅広い分野に詳しい。日本内科学会、日本感染症学会、日本公衆衛生学会に所属。

RECENTLY ENTRY