診療科目別転職図鑑-「整形外科」編|医師の現場と働き方

診療科目別転職図鑑-「整形外科」編

全国約30万人の医師のなかで約21,000人を占める整形外科医。診療科別では内科に次ぐ集団だ。勤務医が63%、開業医が37%であり、全体に比べると若干開業医の比率が高い整形外科医の転職事情を紹介する。

医師データ

若手男性医師の人気は内科に次いで第2位

若手医師の人気は高く、臨床研修医の選んだ診療科目(2014年度)では内科、消化器内科、小児科に次ぐ第4位。男性医師に限ると2位である。ここでは、整形外科医を含む医師データから整形外科の転職市場を考察する。

従事する主たる診療科目ベスト3

医師全体数 296,845人
1位 内科 61,317人(20.7%)
2位 整形外科 20,996人(7.1%)
3位 小児科 16,758(5.6%)

2014年調査

臨床研修医の選択する診療科目ランキング

臨床研修医全体 14,419人
1位 内科 1,344人(9.3%)
2位 消化器内科(胃腸内科) 1,010人(7.0%)
3位 小児科 910人(6.3%)
4位 整形外科  909人(6.3%)
5位 外科  890人(6.2%)

2014年調査

勤務医・開業医の割合

勤務医 開業医
医師全体 66% 34%
整形外科 63% 37%

2014年調査

診療所の診療科目別施設数ランキング

一般診療所全体 100,461施設
1位 内科 63,888
2位 循環器内科 13,097
3位 整形外科 12,792
4位 皮膚科 12,328
5位 リハビリテーション科 12,198

2014年調査

勤務医の週平均労働時間

勤務医全体 46.6時間
整形外科 46.8時間

2014年調査

宿直回数

1ヶ月あたりの回数 なし 1〜2回 3〜4回 5回以上 宿直あり・計
勤務医全体

(n=3467)

32.6%  34.8% 21.8%  10.8%  67.4%
整形外科医

(n=286)

 31.1%  42.0%  22.0%  4.9%  68.9%

2014年調査

考察

勤務条件は良好だが、医師の開業志向は高め

整形外科は、人の生死にかかわる場面は少ないが、「歩けるようになった」「手が使えるようになった」など、QOLが回復した患者の喜びをダイレクトに感じることができる魅力がある。
医師全体のなかで内科に次ぐ人数の大集団であり、全体平均より開業医の割合が3%ほど高い。クリニック全体の中でも、整形外科は内科、循環器内科に次ぐ3位。リハビリのためのスペースやスタッフ、医療機器など、開業にはコストのかかる診療科だが、それでも比較的、開業を志向する人が多いようだ。
勤務医の週当たり労働時間は勤務医全体平均並み。夜間、救急搬送される患者への対応、夜間の緊急手術の対応も求められるものの、月に5回以上の宿直がある医師は全体平均の半分程度。勤務条件面では、比較的優遇されていると言えそうだ。

RECENTLY ENTRY