診療科目別「医師の不足感に関する現場認識」|医師の現場と働き方

診療科目別「医師の不足感に関する現場認識」

いわゆる医師不足問題の様相は、地域的な要因(典型的には都市部と医療過疎地との格差)のみでなく、診療科目によっても大きく変わってきます。診療科目ごとの医師充足度を知っておくことは、自身のキャリアを考える材料のひとつとなるでしょう。

医師の不足感に関する現場認識

医師不足を感じる科は?「1位 麻酔科」「2位 救急科」「3位小児科」

全国の病院(20床以上)に勤務する24歳以上の医師を対象とした「勤務医の就労実態と意識に関する調査」(労働政策研究・研修機構、2012年)によると、自身の職場で医師が不足していると「非常に感じる」「まあ感じる」人の割合は68.6%でした。これを診療科別に見ると、「麻酔科」が81.7%ともっとも割合が高く、次いで、「救急科」(77.8%)、「小児科」(70.7%)、「整形外科」(70.6%)という結果でした。

医師の不足感

診療科別の現員医師数・必要医師数

医師が充足している診療科目トップは「リハビリテーション科」

診療科別の医師充足度について、別の調査結果ものぞいてみましょう。「病院等における必要医師数実態調査」(厚生労働省、2010年)によると、全科の現員医師数16万7063人(短時間正規雇用や非常勤を含む)に対して、必要求人医師数(※1)は1万8288人、必要非求人医師数(※2)は5744人であり、合わせて2万4033人の医師が足りていないことが浮き彫りとなりました。

現員医師数に対する必要医師数の倍率(※3)を診療科別に見ると、リハビリテーション科(1.29)がもっとも高く、「救急科」(1.28)、「産科」(1.24)と続き、「呼吸器内科」「腎臓内科」「神経内科」「心療内科」「病理診断科」が同値(1.20)で並んでいます。前項で挙がった「麻酔科」「小児科」「整形外科」も比較的高めの同値(1.16)でした。

  1. ※1 必要求人医師数:増員が必要と考えられ、すでに求人している医師数。
  2. ※2 必要非求人医師数:調査時点では求人していないが、増員が必要と考えられる医師数。
  3. ※3 (現員医師数+必要求人医師数+必要非求人医師数)/現員医師数

診療科別現員、必要医師数

※ 非常勤は、週当たり延べ勤務時間数を40時間で除して常勤換算した人数である。

参照:
厚生労働省「病院等における必要医師数実態調査」

RECENTLY ENTRY