平均年収は? 人気診療科目は?「非常勤医師」最新転職動向|医師の現場と働き方

平均年収は? 人気診療科目は?「非常勤医師」最新転職動向

一般企業に正社員、契約社員、パート・アルバイトなどの雇用形態があるように、病院で働く勤務医の雇用形態も①一つの病院・クリニックなどに所属してそこで働く「常勤医師」と、②所属している医療機関はなく、決まった曜日や一日単位で職務を受け持つ「非常勤医師」に大別されます。

働き方・転職動向

働き方は「定期非常勤」と「スポット非常勤」の2種類

非常勤医師とは、健康保険法で常勤医師として認められる「一日8時間程度の勤務でかつ一週間32時間、週に4日勤務」以外の勤務形態で働く医師のこと。2015年の日本医師会総合政策研究機構「病院における必要医師数調査結果」によると、医師全体の非常勤の占める割合は18.4%となっており、医師全体の約 5分の1が非常勤として勤務していることがわかります。

非常勤医師にも2種類の働き方があり、週1日や2日など勤務日を決めて、定期的に勤務する「定期非常勤」と、特定の日に決められた職務のみをこなす「スポット非常勤」に分けられます。定期非常勤は、病院側の医師がたりない曜日や医師が少ない科に配置されるケースが多く、スポットは、当直(夜間勤務)や健康診断での問診、インフルエンザのワクチン注射など、一日単位での契約となります。

では次に、非常勤医師の働き方について紹介していきましょう。

勤務時間は1週間あたり平均27時間

2006年の厚生労働省「医師需給に係る医師の勤務状況調査」によると、非常勤の1週間あたりの勤務時間は全体で平均27.0時間となっています。

日勤だけでなく午前のみ、午後のみ、当直のみと幅広い選択肢から勤務時間帯を選ぶことができるのが特徴で、とくに内科系の外来、病棟管理業務や小児科は勤務日については週1、週2など、自分のライフスタイルにあわせて選ぶことができます。そのため、子育て中の女性医師が 週2~3日などの複数日勤務を希望するケースも増えており、2015年の日本医師会総合政策研究機構「日本医師会 病院における必要医師数調査結果」によれば、女性の非常勤が医師全体の24.0%を占めています。

また、最近では企業で従業員の健康管理を行う産業医のニーズが高まっていますが、こちらの非常勤求人は、週1日から月1回の勤務と、勤務日数が少ないのが特徴です。

非常勤の割合が高い診療科ベスト3は「内科系」「全科」「皮膚科」

常勤医師の割合は全診療科平均で82%です。常勤の割合が高いほど、非常勤医が対応しにくい科となっています。そのため求人も少ない傾向にあります。常勤の割合が高い診療科ベスト3は「産科」「心臓血管外科」「臨床検査科」となっており、非常勤割合が高い診療科ベスト3は「内科系」(内科、心療内科)、「全科」(総合診療部など)、「皮膚科」となっています。皮膚科は女性医師の割合が高い傾向にあります。

定期非常勤の募集を見てみると、内科や整形外科の外来がもっとも多く、職務内容は外来、病棟管理など多岐にわたります。訪問診療の募集も増加傾向にあり、居宅訪問では胃瘻や人工呼吸器などのスキルがある外科系の医師、施設訪問ではコミュニケーション能力に長けた内科医が求められるケースが多くなっています。

一方、スポット非常勤は内科の一般外来が定番です。募集の多い職務としては健診・人間ドックが挙げられ、春と秋は、とくに募集が増える傾向にあります。募集の数は少ないものの、ライブ会場やイベント大会場に帯同するなどのユニークな求人があるのも、スポット非常勤の特徴といえるでしょう。

非常勤医師の平均年収

都心より郊外のほうが時給相場は高め

定期・スポット非常勤

平均時給1万円前後

非常勤医師の給与は、時給または日給制。関東エリアを例にとると、人気の高い東京23区や横浜市は時給1万円が相場とされています。患者さんに対する医師数で地域間の格差のある北関東エリアや、東京から少し離れた南関東エリアは、1万円〜1万5000円とやや高め。科目では診療報酬が高い整形外科や居宅への訪問診療が好待遇になる傾向にあります。

なお、勤務先の規定上で兼業が許されていれば、常勤医師が非常勤を掛け持ちできるのも非常勤の特徴(公立病院は公務員の扱いとなるため副業は不可となります)。常勤先の研究日を非常勤に当てたり、大学などで研究や教育に従事しながら非常勤の仕事をこなしたりすることで、収入アップを図る常勤医師も意外に少なくありません。

RECENTLY ENTRY