東京のインフルエンザ患者報告数、2週連続で増加 前週比1.6倍、再び流行開始の目安上回る|業界ニュース

東京のインフルエンザ患者報告数、2週連続で増加
前週比1.6倍、再び流行開始の目安上回る

マイナビDOCTOR 編集部からのコメント
東京都感染症情報センター公表による感染症発生動向調査週報(ウェブ版)によりますと、2週にわたりインフルエンザの患者報告数が増加しているそうです。10月28日~11月3日週の1医療機関当たりの患者報告数が前週比の約1.6倍(1.12人)となり、流行開始の目安となる数字(1.0人)を上回る勢いです。そして、その6割が10歳未満とあり、幼児、小学生の保護者は要警戒です。町田市内と練馬区内の小学校では、すでに学年閉鎖・学級閉鎖の措置が取られているところがあります。

東京都内のインフルエンザ患者報告数が2週連続で増加したことが6日、東京都感染症情報センターが公表した感染症発生動向調査の週報(ウェブ版)で分かった。【新井哉】

週報によると、10月28日から11月3日までの週の1医療機関当たりの患者報告数は、前週と比べて約1.6倍の1.12人となり、再び流行開始の目安(1.0人)を上回った。年齢別では、10歳未満が全体の約6割を占めている。

保健所管内別では、多摩府中が4.3人で最も多く、以下は、荒川区(2.86人)、町田市(2.23人)、北区(2.09人)、世田谷(1.92人)、練馬区(1.86人)、中央区(1.4人)、江戸川(1.37人)、文京(1.14人)などの順だった。

インフルエンザ患者の増加に伴い、教育施設での学級閉鎖の報告が相次いでいる。町田市では10月29日から31日にかけて、小学校1校の2学年で学年閉鎖の措置が取られた。練馬区でも11月6日現在、小学校1校で学級閉鎖となっている。

出典: 医療介謹CBニュース

RECENTLY ENTRY