3大死因は腫瘍・心疾患・老衰に~18年人口動態統計|業界ニュース

3大死因は腫瘍・心疾患・老衰に
~18年人口動態統計

マイナビDOCTOR 編集部からのコメント
2018年人口動態統計の月報年計(概数)が厚生労働省より発表され、老衰による死亡数が脳血管疾患による死亡数を上回り、日本人の3大死因は悪性新生物(腫瘍)・心血管疾患・老衰となったことが明らかになりました。悪性新生物は1981年以降死因順位の第1位となっており、2018年は全死亡者の約3.6人に1人が悪性新生物で死亡した計算となります。

厚生労働省は7日、2018年人口動態統計の月報年計(概数)の概況を公表した。老衰による死亡数が脳血管疾患による死亡数を上回り、日本人の3大死因は悪性新生物(腫瘍)・心血管疾患・老衰となった。

2018年の死亡数は前年比2万2085人増の136万2482人。死亡数を死亡順位別にみると、第1位は悪性新生物(腫瘍)の37万3547人(人口10万対死亡率300.7)、第2位は心疾患(高血圧性を除く)の20万8210人(同167.6)、第3位は老衰の10万9606人(同88.2)、第4位は脳血管疾患の10万8165人(同87.1)、第5位は肺炎の9万4654人(同76.2)だった。全死亡者に占める構成割合は、悪性新生物27.4%、心疾患15.3%、老衰8.0%、脳血管疾患7.9%、肺炎6.9%などとなっている。

老衰は1947年をピークに減少傾向が続いていたものの、2001年以降、死亡数・死亡率ともに増加し、2018年には脳血管疾患に代わって死因の第3位となった。脳血管疾患は1970年をピークに減少し始め、1985年には心血管疾患と代わって第3位となり、その後は死亡数・死亡率ともに増減を繰り返しつつ減少傾向が続いてきた。悪性新生物は1981年以降死因順位の第1位となっており、2018年には全死亡者のおよそ3.6人に1人が悪性新生物で死亡した計算になる。

一方、出生数は前年比2万7668人減の91万8397人で、過去最少を記録。2016年から3年連続で100万人を割り込んだ。合計特殊出生率は前年比0.01ポイント減の1.42だった。

出典:Web医事新報

RECENTLY ENTRY