【医師の年収事情】なぜ麻酔科医は高給与なのか?|医師転職ナレッジ

【医師の年収事情】なぜ麻酔科医は高給与なのか?

麻酔科は医師の中でも特に給与水準が高い診療科といわれています。なぜ麻酔科医の給与は高いのでしょうか? また医療機関によって給与に差はあるのでしょうか? 勤務医からフリーランス医へ転身した麻酔科医が、麻酔科医の給与にまつわる疑問にお答えします。

1.なぜ麻酔科医の給与は高いのか?

麻酔科医の平均年収が高い理由として、麻酔科医不足が一因として挙げられます。需要に対し医師が不足している診療科の給与は高くなるため、麻酔科医の平均給与が上がるという仕組みです。ではなぜ、麻酔科医は不足しているのでしょうか。

麻酔科医は、手術中の患者さんの痛みを取り除き、全身の状態を管理するという重大な役割を担っています。業務は常にリスクと隣り合わせであり、万が一医療事故が起きた場合は責任問題になりかねません。
スキル面においては、患者さんの体型や既往歴によって麻酔のかけ方を調整するといった繊細な手腕が求められます。また、いかなる状況でも冷静にかつ迅速に対処をする能力や、執刀医と信頼関係を築けるコミュニケーション能力も求められる仕事です。

また、手術に欠かせない存在である麻酔科医の業務は極めてハードです。深夜でもオンコールの呼び出しがあればすぐに駆け付ける必要があり、手術中は患者さんの容体が急変しないように常に気を張る必要があります。また、手術が長時間に及ぶケースもあり、麻酔科医の体力的・精神的負担は少なくありません。

「リスクと隣り合わせの業務を行わなければならない」「過酷な労働環境である」——。このような背景から日本の麻酔科医は不足傾向にある状況が続いています。

2.給与水準は医療機関によって異なる

前項で麻酔科医の給与が高い背景について述べましたが、他の診療科と同様、給与水準は医療機関により異なることも念頭に置いておきましょう。

医局に属している医師は大学病院やその関連病院に勤めることになるでしょう。麻酔科医の年収は800万~1200万円程度で、勤務医全体の平均年収が1232.69万円(※)であることを考慮すると、それほど高い水準ではないことがわかるでしょう。大学病院やその関連病院の給与水準が高くないのは、麻酔科に限らず他の診療科にもみられる傾向です。ただし、40歳くらいから教授職に就く医師は年収額が大きく飛躍します。

一方で民間病院に勤務する麻酔科医の平均年収は、1200万~2000万円程度の水準です。大学病院やその関連病院と比較すると最大800万円程度の差が開きますから、「給与」のみに注目するならば、民間病院のほうが好条件です。

とはいえ、勤務先選びは「給与」面のみならず、「自分が何を重視するか」を検討することが大切です。大学病院では難易度の高い手術や一流の執刀医による手術など、臨床医として多様な経験を積むことができるだけでなく、論文発表や海外留学などの機会もあるため、大学病院はスキルアップをしたい医師には絶好の環境です。

もう1点、「地域」も給与水準を大きく左右する要素です。麻酔科医に限らずいえることですが、東京や大阪などの都市部では医師は充足傾向にあるため、給与水準は低くなります。一方、大都市圏から離れると、同じ業務内容でも給与水準が高い求人を見つけることができます

東京在住の場合は、千葉県や埼玉県などの関東近郊県に目を向けると、好条件の求人が見つかるかもしれません。通勤時間が多少長くなるかもしれませんが、それ以上に得られる経済的なメリットは大きいと思います。

3.フリーランス麻酔科医の年収例

前項までは常勤の麻酔科医の年収について述べましたので、ここではフリーランスの麻酔科医の年収例についてお話します。私は現在、フリーランスの麻酔科医として4つの病院で勤務しています。フリーランスの医師とは、要するにアルバイト医師のことです。しかし、アルバイトとはいえ年収は常勤医以上に得ることができます。

フリーランスの麻酔科医の日給は8万円~12万円ほどが相場となります。さまざまな勤務先を見てきた私の感覚ですと、麻酔科医が充足している都市部は日給8万円程度、麻酔科医が充足していない地域は日給12万円程度だといえます。

相場の中でも低額である日給8万円で週5日働いたとして年収を計算すると、
日給8万円×週5日×4週×12カ月=1920万円
となります。実際には残業が多少発生したり、祝日があったりするため金額が多少増減しますが、年収が2000万円弱という水準です。
私の場合は、埼玉県の病院に週1回、茨城県の病院に週1回、千葉県の病院に週1回、山梨県の病院に泊まりで週2回勤務しています。中でも、山梨の病院がオンコールありの契約となっているため、非常に高水準の給与となっています。包み隠さずお話しすると、週5日勤務で年収は3500万円ほどなので、医師としても最高水準の報酬を得られていると思います。

さらに、フリーランスの麻酔科医の利点として「時間の自由がきくこと」も挙げられます。契約前の段階で相談をしておけば、オンコールや当直をなしにしてもらえたり、残業も極力少なくしてもらえたりします。私が常勤医として働いていた頃と比べて、平日夜の自由な時間は増えましたし、当直やオンコールのストレスもなくなりました。

ただし、フリーランス医をするうえでの注意もあります。フリーランスの医師は、厚生年金ではなく国民年金に加入することとなります。退職金制度もないので、老後のための資産づくりは自分で計画的に行う必要があります
また、当然ですがフリーランス医には有給休暇がありません。さらに、勤務する日数により収入が変動するため、祝日が多いほど収入が減ってしまうことにも注意しましょう。

※厚生労働省「平成29年賃金構造基本統計調査」を参照し、「企業規模計(10人以上)」の月額として示されている「きまって支給する現金給与額」(基本給に加えて各種手当や超過労働給与額を含む)を12倍して年額換算し、さらに「年間賞与その他特別給与額」を加算したものです。

文:太田卓志(麻酔科医)

RECENTLY ENTRY