【医師の転職事情】ヘッドハンティングされる医師になるには|医師転職ナレッジ

【医師の転職事情】ヘッドハンティングされる医師になるには

医師の転職には、さまざまな方法があります。病院のホームページから直接求人に応募をしたり、転職サイトや転職エージェントから求人の紹介を受けたりするという一般的な方法もあれば、あまりメジャーではないものの、現職に就いていながらヘッドハンターにスカウトをされ、他の病院へと転職をする方法もあります。いったい医師のヘッドハンティングはどのように行われ、ヘッドハンティングされるにはどのような条件が必要なのでしょうか?

1.ヘッドハンティングされる医師の条件

病院が医師をヘッドハンティングする際、どのような点に注目しているかといえば、それはもちろん実力です。
ヘッドハンティングされる医師になるためには、その診療科において知識・技術ともに専門性を磨いておくことが基本条件です。
専門医や指導医の資格取得は必要不可欠ですし、多数の症例を経験していることも求められます。そのため、必然的にフリーランス医ではヘッドハンティングされにくいという傾向があります。
常勤医として経験を積み、資格を取得・維持したうえで貢献し、病院内でキャリア形成をしておくことが重要です。

また、ヘッドハンティングされるためには、実力が備わっているだけでいいというわけではありません。部長職や院長職など、将来的に病院経営の根幹を担うポジションで力を発揮してもらうことも期待されているため、マネジメント能力も重視されます
そのため、必然的に40代以降のベテラン医師がヘッドハンティングされやすいという傾向があります。一方で、30代以下の経験が浅い医師がヘッドハンティングされるケースはあまりありません。ただし、ヘッドハンティングされた医師についていく形で入職する若い医師はいます。

イメージ

2.ヘッドハンティング候補になるには

ヘッドハンティングで優秀な医師を採用できるかどうかは、病院経営にかかわる重要な問題です。たとえば、過去に対応できなかった症例にも対応可能な医師を採用することができれば、病院として採算性を高めることができます。
国公立の病院や大学病院など、医療インフラの側面も持ち合わせている病院であれば別ですが、民間病院は利益を追及しながら経営を行う必要があります。そのため、民間病院では高度な知識と経験を持った人材がより重宝される環境にあります。

求人と異なり、ヘッドハンティングは常時募集をしているわけではありません。医療機関側からヘッドハンティングを希望する案件が出ると、まずヘッドハンターが医療機関に対し、求めるスキルについてヒアリングを行います。
そして、ヘッドハンターが条件に合致する医師を探し、見つかったら声をかけアプロ―チをし、医師がその仕事に興味があるかどうかを確認します。その後、ヘッドハンターとの面会、医療機関との面談が重ねられ、具体的な条件の調整後、仮契約を結ぶこととなります。

3.メリットとデメリット

医師にとって、ヘッドハンティング案件の最大のメリットは、役職や給与水準が大幅に向上することです。
将来的に病院経営の中核を担う人材として活躍することが期待されるため、部長職・院長職などの高い地位を持つ役職に就くケースが多くなります。すると、職位に応じて収入や退職金が増えてゆきます。
また、働き方という側面から見れば、病院経営サイドの仕事に回ることができれば、じゅうぶんにキャリアを積んだ年齢で、体力的にハードな現場の仕事から離れることができます。

また、採用率の高さもヘッドハンティングの特徴です。スカウトされるようなスキルと経験を持つ医師は貴重なため、病院側の採用意欲は高く、待遇などの条件面に多少の融通を効かせたとしても、採用したいと考えているでしょう。

その一方で、ヘッドハンティングにはデメリットもあります。第一に、現職の退職交渉が難航する傾向があるということです。ヘッドハンティングされるような医師は、現職の病院でもそれなりの職位に就いています。病院から慰留を受ける可能性が高く、内定が出たからといって、短期間で辞めることは容易ではないはずです。
引き継ぎがスムーズにできるように、自分と同じポジションの医師が採用されるまで待つ必要が出てくることもあるでしょうから、短期間で転職をしたい方にはヘッドハンティングは適していないでしょう。

また、ヘッドハンティングされた病院に一度入職すると、簡単には辞めさせてもらえないというデメリットもあります。
また、「合わないから」と、ほかの求人を探そうとしても、ヘッドハンティングで提示された条件と同水準の求人は非常に少ないでしょう。無理に転職をすると、給与水準などの待遇面で満足度が大きく下がりかねません

▼キャリアパートナーからのワンポイントアドバイス
待遇面でメリットが大きいヘッドハンティング案件ですが、条件に合致する医師はそう多くなく、簡単にはヘッドハンティングされにくいという現実があります。ですが、マイナビの人材紹介サービスなら、年齢やスキルを問わず、ニーズに合った求人をご紹介できます。常時幅広い求人が揃っているので、今すぐに転職をする意志がなくても登録をしておくと、将来的に役に立つことがあります。

文:APOLLO11(麻酔科医師)

RECENTLY ENTRY