今シーズンのインフル、タミフル耐性株検出 厚労省・感染研「広がりは観察されず」|DOCTOR'S NEWS|マイナビ【DOCTOR】

DOCTOR'S NEWS

今シーズンのインフル、タミフル耐性株検出
厚労省・感染研「広がりは観察されず」

Facebook Twitter Google

マイナビDOCTOR 編集部からのコメント

厚生労働省と国立感染症研究所が2016年9月以降のインフルエンザについて調査したところ、タミフルとラピアクタに耐性があるインフルエンザウイルス株が検出されました。
どちらもAH1pdm09亜型の株から検出されましたが、限定的であり、地域に広がっているわけではないと発表されています。

厚生労働省と国立感染症研究所は19日、今シーズン(昨年9月以降)のインフルエンザに関する情報を取りまとめ、公表した。抗インフルエンザ薬のタミフルとラピアクタに耐性を示すウイルス株が検出されたが、地域への広がりは観察されなかったとしている。【新井哉】

国立感染症研究所と全国地方衛生研究所は、抗インフルエンザ薬の薬剤耐性サーベイランスを実施している。それによると、今シーズン(5月17日時点)に解析を行ったのは、AH1pdm09亜型(148株)、AH3亜型(280株)、B型(110株)の計538株。このうち、AH1pdm09亜型からタミフルとラピアクタに耐性を示すウイルス株が2例検出された。

基幹定点医療機関(全国約500カ所)が入院症例を届け出る「入院サーベイランス」の概要も明らかにした。報告症例数(4月30日時点)は、前シーズンと比べて約1.3倍の1万5329例で、70歳以上は前シーズン比約2倍の報告があった。

Facebook Twitter Google

出典:医療介護CBニュース

ほかのDOCTOR'S NEWSはこちら

/pages